荒瀬ダム国内初のダム撤去

[ 2018/08/21 ]


国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。
(参照:八ッ場ダム 費用計画変更に必要な手続きが完了


image from 荒瀬ダム ウェキペディア

熊本県八代市の本工事は国内初めての撤去事例として注目されている。撤去後、ダムが建設される以前の清流を取り戻し、瀬や砂州などの自然環境が復活し、生態系への良い影響が期待されている

 荒瀬ダムは球磨川中流に建設された発電専用ダム(高さ約25メートル、幅約211メートル、1955年完成)。周辺地域への電力供給を図るために建設された経緯があるが、上流から流れてくる汚泥がダム湖の湖底に堆積するなど環境が悪化したことから、地元の要望を受けた潮谷義子前知事が2002年に撤去開始を決めた。 

 しかし、2008年4月に就任した蒲島郁夫知事が「撤去費用が存続費用を上回る」と発言し、存続させることに方針転換。水質悪化で損害を受けたとする漁協が存続に反対したため蒲島知事は再び撤去へと舵を切り直し、2012年に撤去工事を開始した。最終的に撤去工事の総事業費は約84億円を要し、このうち16億円は国から補助を受けた。
 現在荒瀬ダムの上流には別のダム、また河口付近には堰が設置されており、それらで止められた土砂などの問題が残る。これからのダム開発の検討に大いに活用させるであろう事例として今後の動きにも注目が集まる。


関連する記事

アーカイブス

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR