バーチャルウォーターを考える

[ 2018/09/10 ]


今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか
(参照:プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』


image from 環境省のHP

普段、食べているご飯のもとであるお米やパンの原料となる小麦を育てるときに水は必要不可欠である。このように直接口にするわけではないが、何かを生産するときに使われている水のことをバーチャルモーター(仮想水)と言う。

 バーチャルウォーターを意識することで水がどれほど日常生活に使われていることが良くわかる。実際にどれくらいの水が使われているのか。まずはお米。茶碗1杯のご飯(150グラム)にはお米65グラムが必要であり、そこに使われている水は約60リットルと言われている。次に食パン。食パン1斤を作るのには小麦粉300グラムが必要となる。その小麦粉300グラムを作るのには約650リットルの水が必要と言われている。
 肉の場合はもっと水が必要となってくる。家畜として育てる鶏や豚、牛は水を飲み育つ。さらに水を使って育ったトウモロコシなどの植物をエサにしているためバーチャルウォーターの量は必然的に多くなる。家畜が育つまでに使った水を全て計算すると鶏肉の場合、100グラムあたり約450リットル、豚肉100グラムは約600リットル、牛肉にいたっては100グラム2000リットルもの水が必要になってくる。

 日本人は平均、一人一日あたり洗面や料理などで使う水の量が約300リットルといわれている。例えば、二人で焼き肉屋に行きそれぞれ100グラムの牛肉を食べ、ご飯を頼むとなるとそれだけでたちまち10日分以上の水を消費していることになるのだ。
 食事をする時バーチャルウォーターを意識することで水の大切さをより実感することができる。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR