バーチャルウォーターを考える

[ 2018/09/10 ]


今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか
(参照:プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』


image from 環境省のHP

普段、食べているご飯のもとであるお米やパンの原料となる小麦を育てるときに水は必要不可欠である。このように直接口にするわけではないが、何かを生産するときに使われている水のことをバーチャルモーター(仮想水)と言う。

 バーチャルウォーターを意識することで水がどれほど日常生活に使われていることが良くわかる。実際にどれくらいの水が使われているのか。まずはお米。茶碗1杯のご飯(150グラム)にはお米65グラムが必要であり、そこに使われている水は約60リットルと言われている。次に食パン。食パン1斤を作るのには小麦粉300グラムが必要となる。その小麦粉300グラムを作るのには約650リットルの水が必要と言われている。
 肉の場合はもっと水が必要となってくる。家畜として育てる鶏や豚、牛は水を飲み育つ。さらに水を使って育ったトウモロコシなどの植物をエサにしているためバーチャルウォーターの量は必然的に多くなる。家畜が育つまでに使った水を全て計算すると鶏肉の場合、100グラムあたり約450リットル、豚肉100グラムは約600リットル、牛肉にいたっては100グラム2000リットルもの水が必要になってくる。

 日本人は平均、一人一日あたり洗面や料理などで使う水の量が約300リットルといわれている。例えば、二人で焼き肉屋に行きそれぞれ100グラムの牛肉を食べ、ご飯を頼むとなるとそれだけでたちまち10日分以上の水を消費していることになるのだ。
 食事をする時バーチャルウォーターを意識することで水の大切さをより実感することができる。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR