アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

[ 2018/09/15 ]


アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。
(参照:月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見)


image from ウェキペディア

オガララ帯水層はロッキー山脈東側、大平原の地下に位置する世界最大級の地下水層と言われている。総面積は450,000km²(日本の国土の約1.2倍)にもなる。中西部穀倉地帯は年間降水量が500ミリメートル以下の乾燥地域であり、オガララ帯水層からセンターピボット方式と言われるスプリンクラーによる大規模灌漑が行われている。センターピボット方式とは主に乾燥地域において行われている灌漑農法であり、地下水をくみ上げ、肥料を混入した後、散水管にて水をまく方式である。

 しかしこの地域は化石水源や気象条件、地層の構造により、新たな水の涵養が期待できない。それにも関わらず取水する一方であるため地下水の低下や井戸がれも見られている。

化石水は地中に残存した海水が地下水となったものであり、このままでは将来的に枯渇してしまうと危惧されている
 枯渇の原因は主に人口の増加とそれに伴う過剰な生産により水の浪費が続いたことである。アメリカでは毎年約300万人もの人口が増加している。その結果、食料需要も拡大していった。
 アメリカではこのことから対策として、灌漑面積の縮小やローテーションで作付けを行なう等、節水農業への取り組みを実施してきた。近年では気象衛星を利用し、農地を上空から観測して水が足りない部分にだけピンポイントで散水するといった技術も進んでいる。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR