アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

[ 2018/09/15 ]


アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。
(参照:月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見)


image from ウェキペディア

オガララ帯水層はロッキー山脈東側、大平原の地下に位置する世界最大級の地下水層と言われている。総面積は450,000km²(日本の国土の約1.2倍)にもなる。中西部穀倉地帯は年間降水量が500ミリメートル以下の乾燥地域であり、オガララ帯水層からセンターピボット方式と言われるスプリンクラーによる大規模灌漑が行われている。センターピボット方式とは主に乾燥地域において行われている灌漑農法であり、地下水をくみ上げ、肥料を混入した後、散水管にて水をまく方式である。

 しかしこの地域は化石水源や気象条件、地層の構造により、新たな水の涵養が期待できない。それにも関わらず取水する一方であるため地下水の低下や井戸がれも見られている。

化石水は地中に残存した海水が地下水となったものであり、このままでは将来的に枯渇してしまうと危惧されている
 枯渇の原因は主に人口の増加とそれに伴う過剰な生産により水の浪費が続いたことである。アメリカでは毎年約300万人もの人口が増加している。その結果、食料需要も拡大していった。
 アメリカではこのことから対策として、灌漑面積の縮小やローテーションで作付けを行なう等、節水農業への取り組みを実施してきた。近年では気象衛星を利用し、農地を上空から観測して水が足りない部分にだけピンポイントで散水するといった技術も進んでいる。


関連する記事

アーカイブス

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防 [&he・・・

記事全文

FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ (参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用 [&he・・・

記事全文

ヒルトン名古屋 マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供

ヒルトン名古屋 ウォーターステーションを設置、マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供 (参照:株式会社矢 [&he・・・

記事全文

(株)シーエス研究所 首こり専用のマッサージロボット「アクアエース」発売

(株)シーエス研究所 首こり専用のウォーターベッド型マッサージロボ「アクアエース」発売 (参照:ジョンソンヘル [&he・・・

記事全文

中国電力 治水対策としての事前放流を決定

中国電力 中国四国以西初、民間発電目的のダムで事前放流を決定 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操 [&he・・・

記事全文

美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ

美祢市 日本100名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ (参照:新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生き [&he・・・

記事全文

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR