浜松市 鈴木康友市長が「海外水インフラPPP協議会」への参加意向を表明

[ 2010/11/30 ]


2010年11月30日、浜松市市議会、11月定例本会議上で、同市鈴木康友市長は、水ビジネスの国際市場進出を目指す「海外水インフラPPP協議会」へ参加する意向を明らかとした。この発言は、飯田末夫氏(自民党浜松)の一般質問に対する回答の中ででたものだ。

海外水インフラPPP協議会」は、2010年7月に発足。(参考:「海外水インフラ 協議会」を設置 官民共同で『水ビジネス』を世界へ)上下水道など海外の水インフラプ開発ロジェクトに関して、官民による情報の共有・交換を行うための場として設置されたものだ。現在は、国と東京都大阪市横浜市名古屋市北九州市などの政令指定都市、民間企業などが情報共有を図っている。浜松市としても将来的な水ビジネスの国際市場進出を視野にいれるため、情報収集や意見交換の場として参加を決定したようである。

同協議会参加自治体が各企業と連携し、海外市場進出を目指す動きは活発化してきおり、今回の浜松市サイドの決定もこの動きに触発されたものではないかと見られる。
(参考:北九州市 アジア水ビジネス市場へ進出 ベトナム・ハイフォン市の市公社と下水道分野の技術協力の覚書締結
(参考:各自治体の水道局 東洋エンジニアリング、三菱商事など、企業と連携による「水ビジネス」の海外進出加速 収益基盤強化へ

浜松市の鈴木市長は、自治体単独でのインフラ整備などの海外水ビジネス進出の事例はなく、リスク管理などのハードルの存在を指摘している。しばらくの間は、市内産業界との連携や、事業主体の検討などの水ビジネスの国際市場進出に向けた足場固めを進めていくとの方向を示している。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR