浜松市 鈴木康友市長が「海外水インフラPPP協議会」への参加意向を表明

[ 2010/11/30 ]


2010年11月30日、浜松市市議会、11月定例本会議上で、同市鈴木康友市長は、水ビジネスの国際市場進出を目指す「海外水インフラPPP協議会」へ参加する意向を明らかとした。この発言は、飯田末夫氏(自民党浜松)の一般質問に対する回答の中ででたものだ。

海外水インフラPPP協議会」は、2010年7月に発足。(参考:「海外水インフラ 協議会」を設置 官民共同で『水ビジネス』を世界へ)上下水道など海外の水インフラプ開発ロジェクトに関して、官民による情報の共有・交換を行うための場として設置されたものだ。現在は、国と東京都大阪市横浜市名古屋市北九州市などの政令指定都市、民間企業などが情報共有を図っている。浜松市としても将来的な水ビジネスの国際市場進出を視野にいれるため、情報収集や意見交換の場として参加を決定したようである。

同協議会参加自治体が各企業と連携し、海外市場進出を目指す動きは活発化してきおり、今回の浜松市サイドの決定もこの動きに触発されたものではないかと見られる。
(参考:北九州市 アジア水ビジネス市場へ進出 ベトナム・ハイフォン市の市公社と下水道分野の技術協力の覚書締結
(参考:各自治体の水道局 東洋エンジニアリング、三菱商事など、企業と連携による「水ビジネス」の海外進出加速 収益基盤強化へ

浜松市の鈴木市長は、自治体単独でのインフラ整備などの海外水ビジネス進出の事例はなく、リスク管理などのハードルの存在を指摘している。しばらくの間は、市内産業界との連携や、事業主体の検討などの水ビジネスの国際市場進出に向けた足場固めを進めていくとの方向を示している。


関連する記事

アーカイブス

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

サントリー、「サントリー天然水」ブランドから無色透明のミルクティーを新発売。

2017年9月26日、サントリーが無色透明のミルクティー、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR