東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

[ 2018/09/25 ]


2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定
(参照:荒瀬ダム国内初のダム撤去


image from 成瀬ダム工事事務所のウェブサイト

1983年度に実施計画調査が開始され、後に国直轄事業に移行、1997年度に事業着手していた成瀬ダムが2018年9月15日に本体工事の着工を開始させた東北地方整備局が秋田県東成瀬村雄物川水系成瀬川上流にて整備を進めており、15日、着工に合わせて現地で式典が開かれた。式典には国土交通省水管理・国土保全局の井上智夫治水課長、佐竹敬久秋田県知事、同ダム建設促進期成同盟会会長の高橋大横手市長、佐々木哲男東成瀬村長ら関係者約300人が出席。成瀬ダム建設の事業説明や鍬(くわ)入れセレモニーなどが行われた。

雄物川流域は、洪水による甚大な被害と同時に渇水被害が度々生じているという現状があり、洪水調節だけでなく、流水の機能維持や農業用水補給、水道用水供給、発電などを目的とした多目的ダムの建設が望まれていた。1997年度の事業着手当初は、ロックフィルダムとして建設計画を立てていたが、2017年度には施工性や経済性、環境負荷低減などの面から台形CSGダムとして計画を変更した。

成瀬ダムの規模は高さ114.5m、堤頂長755m、堤体積485万m3、総貯水容量は7850万m3となる予定で、完成すれば台形CSGダムとなる。2020年度に定礎、2023年度の試験湛水開始を経て2024年度の竣工を目指す計画。総事業費1530億円を掛けた大規模ダム建設がスタートした。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR