関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

[ 2018/09/27 ]


2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した
(参照 :荒瀬ダム国内初のダム撤去


image from 関西電力のウェブサイト

関西電力は9月18日、IoT技術やこれまで活用しきれていなかった気象データを活用し、水力発電所の発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した。これにより、水系に流れ込む水量や流れ込み時期の予測精度を向上させ、水力発電による電力量の向上を目指す。

現在、日本の社会インフラは設備の老朽化による更新費用や、若手技術者への技能の伝承などの問題に直面しており、発電所は設備の新規設置や増強等に頭を抱えている。関西電力が行う水力発電運用効率化技術の研究は、運用方法の改良という面から発電電力量の向上を目指すことができるという。

今回の研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業において、関西電力のほかに気象工学研究所、ニュージェックが共同実施先として受託事業者の採択を受けている。具体的には、関西電力が実機を使用した試験や運用効率化の評価、実用性の検討などを行い、気象工学研究所がIoT技術を使って気象に関するリアルタイムデータの取得、観測データを活用した積雪・融雪予測、気象予測情報を活用したダム流入量予測シミュレーションなどを担い、ニュージェックがシステムの構築を担うことになる。実施期間は2018年度で、事業規模は6000万円予想。年間で約1%増の最大3000万kWh程度の発電量増加を見込んでいる。


関連する記事

アーカイブス

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR