関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

[ 2018/09/27 ]


2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した
(参照 :荒瀬ダム国内初のダム撤去


image from 関西電力のウェブサイト

関西電力は9月18日、IoT技術やこれまで活用しきれていなかった気象データを活用し、水力発電所の発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した。これにより、水系に流れ込む水量や流れ込み時期の予測精度を向上させ、水力発電による電力量の向上を目指す。

現在、日本の社会インフラは設備の老朽化による更新費用や、若手技術者への技能の伝承などの問題に直面しており、発電所は設備の新規設置や増強等に頭を抱えている。関西電力が行う水力発電運用効率化技術の研究は、運用方法の改良という面から発電電力量の向上を目指すことができるという。

今回の研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業において、関西電力のほかに気象工学研究所、ニュージェックが共同実施先として受託事業者の採択を受けている。具体的には、関西電力が実機を使用した試験や運用効率化の評価、実用性の検討などを行い、気象工学研究所がIoT技術を使って気象に関するリアルタイムデータの取得、観測データを活用した積雪・融雪予測、気象予測情報を活用したダム流入量予測シミュレーションなどを担い、ニュージェックがシステムの構築を担うことになる。実施期間は2018年度で、事業規模は6000万円予想。年間で約1%増の最大3000万kWh程度の発電量増加を見込んでいる。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR