運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

[ 2018/09/28 ]


オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気
(参照:プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」


image from Plastic Whaleのウェブサイト

使い捨てプラスチックの投棄問題や、マイクロプラスチックによる生態への悪影響などが世界中で問題視されている今、オランダで面白い取組みが始まり注目を浴びている。この取組みは、1人あたり参加費3300円程度を支払い、小型ボートに乗り込んで、2時間をかけてアムステルダムの運河に落ちているゴミを網ですくうというもの。

小型ボートで移動するため、観光ボートでは入れないような場所まで入っていけるほか、お茶とスナックが提供され、観光ガイドが乗船してアムステルダムを案内する。観光案内はオランダ語または英語で行われている。この「ゴミ釣り観光ツアー」は観光客から大きな支持を集め口コミで広がり、今やアムステルダム市民からの参加者も多い。参加に年齢制限は設けられておらず、誰でも参加することができ、冬季も開催されている。

ツアーは2011年1月に設立された「プラスチック・ホエール(Plastic Whale)」が主催している。設立から2018年5月までに15540人がツアーに参加し、ゴミ袋2900袋以上に及ぶゴミを回収、ペットボトルの総数は14万本を超えている。回収されたペットボトルは再利用され、ボート制作や家具制作に活かされている。2016年からはロッテルダムでも同ツアーが開催されており、今後も活動の拠点を広げて行き、オランダ以外の都市でも開催を計画しているという。


関連する記事

アーカイブス

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

長野県の地ビール「伊勢滝の風」 村酒販店活性化委員会が湧き水を採水

長野県の地ビール「伊勢滝の風」 村酒販店活性化委員会が湧き水を採水 伊勢滝付近で (参照:神奈川県中井町 「丹 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR