石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

[ 2018/10/01 ]


岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。
(参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。)


image from 建設グラフのウェブサイト

北海道胆振東部地震など災害が絶えない今日の日本であるが、かつて北海道の石狩川では氾濫が多発していた。この氾濫から守るために活躍した人物に岡崎文吉がいる。

 石狩川は、石狩岳を水源として北海道中西部を流れ日本海へと注いでおり、流域面積は14,330平方km、利根川に次いで全国第2位の河川である。北海道開拓の歴史の中において度重なる洪水を繰り返しながらも、水運を利用した輸送の道として役割を担った。また、鮭漁などといった北海道ならではの歴史文化が刻み込まれていることから北海道遺産にも選定されている。しかし、ひとたび大雨が降れば、石狩川の姿は様変わりし、人々の生活を襲った。

 1869年当時、明治政府による北海道への移民政策が始まり、石狩平野は最大の入植地となった。蛇行する石狩川は頻繁に洪水を起こす原野であった。さらに1898年においては史上最悪の洪水が発生した。そんな中、北海道治水調査会が発足され、その中心として活躍したのが岡崎文吉である。岡崎は降雨量や河川水位等の調査を綿密に行い改修計画を練り上げた。また、独自の解析手法により、氾濫量の時間変化を算定した。このときの解析結果を得て建設された堤防などの構造物は現在も使われている。

 岡崎が手がけた石狩川最初の治水構造物となる単床ブロック護岸や生振捷水路は、土木学会認定の選奨土木遺産として残されている。かつて泥炭の原野であった石狩平野は数多くの豪雨を切り抜け、現在日本有数の穀倉地帯としてわが国を支えている。岡崎の尽力により石狩川・石狩平野の未来は開かれた。
 自然災害が多発する今、過去の技術者から何を学びどのように活かしていくのか、災害に向き合うための真価が問われているのかもしれない


関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR