石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

[ 2018/10/01 ]


岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。
(参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。)


image from 建設グラフのウェブサイト

北海道胆振東部地震など災害が絶えない今日の日本であるが、かつて北海道の石狩川では氾濫が多発していた。この氾濫から守るために活躍した人物に岡崎文吉がいる。

 石狩川は、石狩岳を水源として北海道中西部を流れ日本海へと注いでおり、流域面積は14,330平方km、利根川に次いで全国第2位の河川である。北海道開拓の歴史の中において度重なる洪水を繰り返しながらも、水運を利用した輸送の道として役割を担った。また、鮭漁などといった北海道ならではの歴史文化が刻み込まれていることから北海道遺産にも選定されている。しかし、ひとたび大雨が降れば、石狩川の姿は様変わりし、人々の生活を襲った。

 1869年当時、明治政府による北海道への移民政策が始まり、石狩平野は最大の入植地となった。蛇行する石狩川は頻繁に洪水を起こす原野であった。さらに1898年においては史上最悪の洪水が発生した。そんな中、北海道治水調査会が発足され、その中心として活躍したのが岡崎文吉である。岡崎は降雨量や河川水位等の調査を綿密に行い改修計画を練り上げた。また、独自の解析手法により、氾濫量の時間変化を算定した。このときの解析結果を得て建設された堤防などの構造物は現在も使われている。

 岡崎が手がけた石狩川最初の治水構造物となる単床ブロック護岸や生振捷水路は、土木学会認定の選奨土木遺産として残されている。かつて泥炭の原野であった石狩平野は数多くの豪雨を切り抜け、現在日本有数の穀倉地帯としてわが国を支えている。岡崎の尽力により石狩川・石狩平野の未来は開かれた。
 自然災害が多発する今、過去の技術者から何を学びどのように活かしていくのか、災害に向き合うための真価が問われているのかもしれない


関連する記事

アーカイブス

日本製粉(株)  「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施

日本製粉(株)  日本ユニセフ協会の「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ・・・

記事全文

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が下がりすぎた問題で法改正へ

環境省 瀬戸内海の「きれいになり過ぎた」問題で法改正へ 水域を分けて対策 (参照:長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解・・・

記事全文

日本地下水開発(株) 地中熱で雪国に適した省エネ冷暖房を開発

日本地下水開発(株) 地中熱で省エネ冷暖房を開発 病院などへ導入を目指す(参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR