水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

[ 2018/10/05 ]


古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。
(参照:野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。


image from 新電力ネットのウェブサイト

日本国内では人口減少に歯止めがかからないが、世界的に見れば人口は日々増加し食料危機が大きな問題となっている。そこで現在注目されている技術が「アクアポニックス」である。アクアポニックスとは魚の養殖と水耕栽培を組み合わせたシステムである。魚の排泄物が含まれた水槽の水を水耕栽培に与え食物の生育に活用している。食物の根が魚の排泄物(栄養分)を吸収して、水を浄化する。そして、浄化された水が再び水槽へと戻っていくというシステムである。

 アクアポニックスのルーツは古く、およそ1000年前に遡る。諸説あるが、最も古い事例は、現在のメキシコ地域、低地に住んでいたマヤ族が行っていた河の表面につくった”いかだ”上で植物を育てる農法がルーツと考えられている。植物の栽培場所は、浅い湖に浮かんだ島。運河や周辺の都市から栄養豊富な水が流れこみ、それを灌漑に利用していた。また、東南アジアでもタイやインドネシアでは、魚を用いた水田栽培が行われていた。
 その後、多くの改良が重ねられ米国において1990年代初頭に、ミズーリ州の農家が水槽にティラピアを泳がせ、そこから流れる栄養豊富な水を利用して、砂利を敷いた循環型の水槽で、ハーブや野菜を育てることに成功した。

水資源に乏しいバングラデシュや発展途上国のバルバドスにおいても盛んに利用されており、バルバドスでは家庭でのアクアポニックスシステム設置の促進が行われ、輸入食品への依存度を減らし食料危機への対策を図っている
 アクアポニックスは養殖した魚と水耕栽培で育てた野菜を一度で二度味わえることが最大の魅力である。また他の養殖技術に比べて、栄養豊富な汚水をシステム外に排出せずに循環させるため、環境に与える影響を大幅に減らすことができることからも今後の広まりに期待がかかっている。


関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR