炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

[ 2018/10/19 ]


炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。
(参照:サントリー食品インターナショナル、スノーピークと共同開発した無糖の炭酸水、「南アルプス スパークリング」を発売。


image from アサヒ飲料のウェブサイト

近年の飲料市場の中で、大幅に売上を伸ばしているのが炭酸水である。これまで炭酸水というとウイスキーやサワーなどの割材といった存在だったがストレート飲用といった「直飲み」という新しい飲み方が広まり、需要が一気に高まっている。炭酸水を飲む場面としては、仕事中の気分転換や目覚めの一杯、そして食事の時など、大人の年代を中心に炭酸水の直飲みが定着しつつある。

 さらに従来の炭酸水に比べ、大幅に充填時のガス圧を高めた強炭酸水もブームに火をつけている。今まで子どもや10代に好まれる炭酸飲料のイメージから甘さを控えて、辛味や苦みを加えたりすることで大人世代を意識したドリンクというイメージに変化させた。糖類を抑えることで健康志向の日常的な飲み物として40代〜50代の支持も得た。

 もともと炭酸水は欧米で食事の際に好んで飲まれていた。欧米ではいずれもミネラルを多く含んだ硬水の商品が多く、軟水に慣れた日本人には直接飲用が敬遠されてきた。しかし、2011年にアサヒ飲料が「ウィルキンソン」の500mlをPET容器で発売したことがきっかけとなってこれまでのイメージを変えた。ウィルキンソンは、1904年に日本で生まれて以降、バーなどで支持されてきたブランドだ。ろ過によって磨き抜いた水と炭酸ガスでつくった、キレのよいすっきりとした味わいが特徴である。
 その後も飲料メーカー各社の新商品投入が続いており、炭酸飲料市場の争いとともに
日常での炭酸水・強炭酸を口にするシーンが増えて行きそうである。


関連する記事

アーカイブス

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR