炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

[ 2018/10/19 ]


炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。
(参照:サントリー食品インターナショナル、スノーピークと共同開発した無糖の炭酸水、「南アルプス スパークリング」を発売。


image from アサヒ飲料のウェブサイト

近年の飲料市場の中で、大幅に売上を伸ばしているのが炭酸水である。これまで炭酸水というとウイスキーやサワーなどの割材といった存在だったがストレート飲用といった「直飲み」という新しい飲み方が広まり、需要が一気に高まっている。炭酸水を飲む場面としては、仕事中の気分転換や目覚めの一杯、そして食事の時など、大人の年代を中心に炭酸水の直飲みが定着しつつある。

 さらに従来の炭酸水に比べ、大幅に充填時のガス圧を高めた強炭酸水もブームに火をつけている。今まで子どもや10代に好まれる炭酸飲料のイメージから甘さを控えて、辛味や苦みを加えたりすることで大人世代を意識したドリンクというイメージに変化させた。糖類を抑えることで健康志向の日常的な飲み物として40代〜50代の支持も得た。

 もともと炭酸水は欧米で食事の際に好んで飲まれていた。欧米ではいずれもミネラルを多く含んだ硬水の商品が多く、軟水に慣れた日本人には直接飲用が敬遠されてきた。しかし、2011年にアサヒ飲料が「ウィルキンソン」の500mlをPET容器で発売したことがきっかけとなってこれまでのイメージを変えた。ウィルキンソンは、1904年に日本で生まれて以降、バーなどで支持されてきたブランドだ。ろ過によって磨き抜いた水と炭酸ガスでつくった、キレのよいすっきりとした味わいが特徴である。
 その後も飲料メーカー各社の新商品投入が続いており、炭酸飲料市場の争いとともに
日常での炭酸水・強炭酸を口にするシーンが増えて行きそうである。


関連する記事

アーカイブス

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書まとめる

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書で世界の水供給についてまとめる (参照:IWA世界会議 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR