炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

[ 2018/10/19 ]


炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。
(参照:サントリー食品インターナショナル、スノーピークと共同開発した無糖の炭酸水、「南アルプス スパークリング」を発売。


image from アサヒ飲料のウェブサイト

近年の飲料市場の中で、大幅に売上を伸ばしているのが炭酸水である。これまで炭酸水というとウイスキーやサワーなどの割材といった存在だったがストレート飲用といった「直飲み」という新しい飲み方が広まり、需要が一気に高まっている。炭酸水を飲む場面としては、仕事中の気分転換や目覚めの一杯、そして食事の時など、大人の年代を中心に炭酸水の直飲みが定着しつつある。

 さらに従来の炭酸水に比べ、大幅に充填時のガス圧を高めた強炭酸水もブームに火をつけている。今まで子どもや10代に好まれる炭酸飲料のイメージから甘さを控えて、辛味や苦みを加えたりすることで大人世代を意識したドリンクというイメージに変化させた。糖類を抑えることで健康志向の日常的な飲み物として40代〜50代の支持も得た。

 もともと炭酸水は欧米で食事の際に好んで飲まれていた。欧米ではいずれもミネラルを多く含んだ硬水の商品が多く、軟水に慣れた日本人には直接飲用が敬遠されてきた。しかし、2011年にアサヒ飲料が「ウィルキンソン」の500mlをPET容器で発売したことがきっかけとなってこれまでのイメージを変えた。ウィルキンソンは、1904年に日本で生まれて以降、バーなどで支持されてきたブランドだ。ろ過によって磨き抜いた水と炭酸ガスでつくった、キレのよいすっきりとした味わいが特徴である。
 その後も飲料メーカー各社の新商品投入が続いており、炭酸飲料市場の争いとともに
日常での炭酸水・強炭酸を口にするシーンが増えて行きそうである。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR