炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

[ 2018/10/19 ]


炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。
(参照:サントリー食品インターナショナル、スノーピークと共同開発した無糖の炭酸水、「南アルプス スパークリング」を発売。


image from アサヒ飲料のウェブサイト

近年の飲料市場の中で、大幅に売上を伸ばしているのが炭酸水である。これまで炭酸水というとウイスキーやサワーなどの割材といった存在だったがストレート飲用といった「直飲み」という新しい飲み方が広まり、需要が一気に高まっている。炭酸水を飲む場面としては、仕事中の気分転換や目覚めの一杯、そして食事の時など、大人の年代を中心に炭酸水の直飲みが定着しつつある。

 さらに従来の炭酸水に比べ、大幅に充填時のガス圧を高めた強炭酸水もブームに火をつけている。今まで子どもや10代に好まれる炭酸飲料のイメージから甘さを控えて、辛味や苦みを加えたりすることで大人世代を意識したドリンクというイメージに変化させた。糖類を抑えることで健康志向の日常的な飲み物として40代〜50代の支持も得た。

 もともと炭酸水は欧米で食事の際に好んで飲まれていた。欧米ではいずれもミネラルを多く含んだ硬水の商品が多く、軟水に慣れた日本人には直接飲用が敬遠されてきた。しかし、2011年にアサヒ飲料が「ウィルキンソン」の500mlをPET容器で発売したことがきっかけとなってこれまでのイメージを変えた。ウィルキンソンは、1904年に日本で生まれて以降、バーなどで支持されてきたブランドだ。ろ過によって磨き抜いた水と炭酸ガスでつくった、キレのよいすっきりとした味わいが特徴である。
 その後も飲料メーカー各社の新商品投入が続いており、炭酸飲料市場の争いとともに
日常での炭酸水・強炭酸を口にするシーンが増えて行きそうである。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR