現代につながる江戸時代からの上水

[ 2018/10/23 ]


かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水
(参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。


image from ウィキペディアより

現在、およそ1300万人もの人々が暮らす東京であるが、これほどまでの大都市を形成できたのも江戸時代における干拓や造成など大事業の影響が大きい。その中でも人々の生活に直結する生活用水の確保に幕府は人材と資金を注いでいた。
 江戸城に徳川家康が入城した当時の江戸は利根川が関東平野を縦断して江戸湾に注いでおり、現在の東京とはかけ離れた地形をしていた。かつて江戸は湿地帯が広がり現在の日比谷周辺に漁師の家がある人口の少ない寒村であった。立地としての状況は良いとは言えない江戸であり利根川の度重なる水害に悩んだ。この地域を洪水や氾濫から守るため、その後約60年かけて利根川東遷と呼ばれる大事業をはじめるなど低湿地で湿潤な江戸の土地を乾燥した土地に変えた。

 水害だけでなく、生活用水の確保に江戸の人々は苦労していた。江戸の街は江戸湾につながる多くの埋め立て造成地から成っており、当時の井戸堀り技術ではどこを掘っても塩水を含んでいて飲用に適さなかった。家康はこのため江戸に入った後、ただちに給水対策を立てた。伝承によると水源は現在の豊島区周辺とされ小石川から自然の流れを利用して市中に水を引いた。これが江戸において最初の上水で小石川上水と呼ばれた。その後、人口の増加とともに神田上水など新たに整備を進め、さらに江戸市中への給水量を増やすため幕府は新しく江戸からはかけ離れた場所を流れる多摩川からの導水を計画し、市中の生活を潤した。

 このように江戸における上水の建設は当時世界の大都市では他に類を見ないほど大きくなった江戸の人口を支えるものだった。記録によると1787年の江戸の人口は約200万人と推定され同じ時代の英国ロンドンの89万人、フランスパリの67万人をはるかに上回る。この上水を守るための費用と労力は幕府によって大きな負担だったが、幕府を支えるための最重要施策と位置付けられていたことが伺える。
 蛇口をひねりそのまま口にすることのできる日本の水道水。現在でも日本の上水道技術は世界でもトップクラスであるが、その礎は遥か昔江戸時代に築かれたことが現代でもうかがい知れることができる。


関連する記事

アーカイブス

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR