JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

[ 2018/11/04 ]


JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」での水の存在を探索。
(参照:月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。


image from JAXAはやぶさプロジェクト

2018年10月3日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機はやぶさ2が小型着陸機MASCOTを小惑星「リュウグウ」に投下、無事に惑星表面に着陸したことを発表した。MASCOTはドイツ航空宇宙センター(DLR)とフランス国立宇宙研究(CNES)によって共同開発された小型着陸機で、重さ約10kg、0.3×0.3×0.2 mの直方体をしている。広角カメラや分光顕微鏡、熱放射計、磁力計を搭載した高性能ロボットで、内蔵されているリチウム一次電池で動作する。約16時間(リュウグウの2昼夜分に相当)動作したあと、電池がなくなり次第、運用終了となる予定。

MASCOTの機能の中でも注目されているのが分光顕微鏡で、鉱物の組成や水分を含む鉱物の有無や有機物について分析を行う。小惑星の地表で水分の存在が確認されると、生命誕生の秘密や太陽系の形成といった研究の面でも、大きな前進となることは間違いない。

はやぶさ2は、太陽系の起源や進化と生命の起源の解明を目指して探査を続けている。2019年末頃まで「リュウグウ」にとどまる予定で、その間の着陸予定は3回。岩石サンプルを採取し、2020年末頃に地球に帰還予定。はやぶさ2が持ち帰るサンプルとMASCOTによって観測された科学データとの照らし合わせで、水の存在の有無や宇宙に関する新たな発見を目指す。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR