JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

[ 2018/11/04 ]


JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」での水の存在を探索。
(参照:月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。


image from JAXAはやぶさプロジェクト

2018年10月3日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機はやぶさ2が小型着陸機MASCOTを小惑星「リュウグウ」に投下、無事に惑星表面に着陸したことを発表した。MASCOTはドイツ航空宇宙センター(DLR)とフランス国立宇宙研究(CNES)によって共同開発された小型着陸機で、重さ約10kg、0.3×0.3×0.2 mの直方体をしている。広角カメラや分光顕微鏡、熱放射計、磁力計を搭載した高性能ロボットで、内蔵されているリチウム一次電池で動作する。約16時間(リュウグウの2昼夜分に相当)動作したあと、電池がなくなり次第、運用終了となる予定。

MASCOTの機能の中でも注目されているのが分光顕微鏡で、鉱物の組成や水分を含む鉱物の有無や有機物について分析を行う。小惑星の地表で水分の存在が確認されると、生命誕生の秘密や太陽系の形成といった研究の面でも、大きな前進となることは間違いない。

はやぶさ2は、太陽系の起源や進化と生命の起源の解明を目指して探査を続けている。2019年末頃まで「リュウグウ」にとどまる予定で、その間の着陸予定は3回。岩石サンプルを採取し、2020年末頃に地球に帰還予定。はやぶさ2が持ち帰るサンプルとMASCOTによって観測された科学データとの照らし合わせで、水の存在の有無や宇宙に関する新たな発見を目指す。


関連する記事

アーカイブス

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR