長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

[ 2018/11/06 ]


長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す
(参照:東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに)


image from ぱたくそ

群馬県長野原町は、源頼朝が発見したといわれる川原湯温泉や真田氏ゆかりの地として広く知られている。この土地の利根川上流に2020年八ッ場(やんば)ダムが完成する。八ッ場ダムには利水や治水として関東1都5県の人々の暮らしを支えるという大きな使命がある。しかし、八ッ場ダムに限らずダムの建設現場では、土地の風景やその土地で暮らす人々の生活がダム建設によりダム湖に沈み、我々の目の前から消えて行くという現実もある。長野原町では、3㎢に及ぶ土地がダム湖に沈む予定だ。

長野原町役場は、動画共有サイトである「ジモフル」とフリー写真素材の提供サイトである「ぱくたそ」と協力、八ッ場ダム建設に伴いダム湖に沈む土地の風景を後世へ伝える動きに乗り出した。町役場と2社の協力により、源氏の家紋が掲げられている共同温泉浴場や旧川原湯温泉駅、吾妻渓谷など、現在すでに立ち入り禁止区域に指定されている貴重な町の風景が誰でも閲覧、二次使用することが可能になる。2020年に試験湛水を行ったのち八ッ場ダムが完成すると、多くの観光客が長野原町を訪れることが予想される。観光に訪れた人々がダム湖に沈んだ町の景色を、ジモフルの動画やぱくたそのフリー素材を用いてSNSやブログ等で配信することで、長野原町のかつての姿を後世に残していくことや、さらなる観光活性化につなげることが狙いだ。日本初のダム建設現場での取り組みに、日本全国のダム建設現場からの注目が集まっている。


関連する記事

アーカイブス

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

(株)Gloture 自動で水やりしてくれるスマート水耕栽培プランターを販売へ

(株)Gloture スマート水耕栽培プランター「Botanium」販売 自社ECサイトで (参考:(株)竹中工務店ら ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR