滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

[ 2018/11/08 ]


滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定
(参照:運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評


image from pixabay

湖沼水質保全特別措置法に基づく指定湖沼のある滋賀県(琵琶湖)、茨城県(霞ヶ浦)、長野県(諏訪湖、野尻湖)、鳥取県(中海)、島根県(宍道湖)が、連携して水質保全に取り組む「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立することが分かった。10月16日の世界湖沼会議にて正式発表される見通し。世界湖沼会議は1984年、滋賀県の提唱でスタートした国際会議で、今年で第17回を迎え、第1回以来17年ぶりに日本(茨城県)で開催される。

「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立の発案も滋賀県で、同県は水草の大量繁茂や外来魚の繁殖などの問題を抱えており、琵琶湖の水質改善だけでなく、生態系の保全も視野に入れた水環境全体の保全に取り組んでいる。「湖沼水環境保全に関する自治体連携」に参加する5県も同様の問題を抱えており、湖沼環境が抱える問題点を共有し、自治体同士で連携して解決策を検討していく構えだ。

連携の第1回目の取り組みとして、世界湖沼会議にて合同ワークショップが開催されることが決まっている。水環境保全への取り組みに関する意見交換のほか、減少した魚介類を回復させるための対策について議論が行われる予定。今後は、今回参加の5県以外の自治体にも連携を呼びかけていく構えで、将来的には「世界水フォーラム」などで情報発信していくことが検討されている。


関連する記事

アーカイブス

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR