滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

[ 2018/11/08 ]


滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定
(参照:運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評


image from pixabay

湖沼水質保全特別措置法に基づく指定湖沼のある滋賀県(琵琶湖)、茨城県(霞ヶ浦)、長野県(諏訪湖、野尻湖)、鳥取県(中海)、島根県(宍道湖)が、連携して水質保全に取り組む「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立することが分かった。10月16日の世界湖沼会議にて正式発表される見通し。世界湖沼会議は1984年、滋賀県の提唱でスタートした国際会議で、今年で第17回を迎え、第1回以来17年ぶりに日本(茨城県)で開催される。

「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立の発案も滋賀県で、同県は水草の大量繁茂や外来魚の繁殖などの問題を抱えており、琵琶湖の水質改善だけでなく、生態系の保全も視野に入れた水環境全体の保全に取り組んでいる。「湖沼水環境保全に関する自治体連携」に参加する5県も同様の問題を抱えており、湖沼環境が抱える問題点を共有し、自治体同士で連携して解決策を検討していく構えだ。

連携の第1回目の取り組みとして、世界湖沼会議にて合同ワークショップが開催されることが決まっている。水環境保全への取り組みに関する意見交換のほか、減少した魚介類を回復させるための対策について議論が行われる予定。今後は、今回参加の5県以外の自治体にも連携を呼びかけていく構えで、将来的には「世界水フォーラム」などで情報発信していくことが検討されている。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR