JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

[ 2018/11/19 ]


JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案
(参照:現代につながる江戸時代からの上水


image from リニア中央新幹線(JR東海)のウェブサイト

リニア新幹線開通に伴う建設工事については、全国で様々な問題に面している。リニア中央新幹線が通る予定の品川―名古屋間では、静岡市にある南アルプストンネルの静岡工区だけが未着工の状態だ未着工の原因となっているのが、トンネル建設工事に伴い大井川の水量が減少することが懸念されている点だ。大井川水系の水量は治水、利水および周辺の河川環境への影響が大きいとされている。静岡県JR東海は建設に伴う大井川の水量に対する施策を焦点に協議を進めてきた。これまで静岡県はJR東海に対し、トンネルから湧き出る水の全量を同水系に回復させることを求め、対してJR東海は、大井川水系の減少量分のみ戻すとしていた。

2018年10月19日、JR東海の金子慎社長が記者会見を開き、静岡県の意向を汲んだ協定案を提出することを明らかにした。協定案には「原則として全量を大井川に流す」という内容が盛り込まれたという。これに対し、静岡県は「全量」という文言が入ったことに対して一定の評価をするものの、「原則として」という表現に難色を示しており、より確実性を求めている。今回の協定案の提出は、2027年開業に向けての遅れが懸念されるため、JR東海が静岡県に対して妥協案を示した格好になる。しかし、協定案が認められたとしても残された課題は少なくない。今後、湧水全量を戻す手段の開発や、その設置や運用にかかる費用の負担などの問題が出てくることも予想される。リニア新幹線のように、問題解決まで超スピードで走り抜けることは難しそうだ。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR