JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

[ 2018/11/19 ]


JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案
(参照:現代につながる江戸時代からの上水


image from リニア中央新幹線(JR東海)のウェブサイト

リニア新幹線開通に伴う建設工事については、全国で様々な問題に面している。リニア中央新幹線が通る予定の品川―名古屋間では、静岡市にある南アルプストンネルの静岡工区だけが未着工の状態だ未着工の原因となっているのが、トンネル建設工事に伴い大井川の水量が減少することが懸念されている点だ。大井川水系の水量は治水、利水および周辺の河川環境への影響が大きいとされている。静岡県JR東海は建設に伴う大井川の水量に対する施策を焦点に協議を進めてきた。これまで静岡県はJR東海に対し、トンネルから湧き出る水の全量を同水系に回復させることを求め、対してJR東海は、大井川水系の減少量分のみ戻すとしていた。

2018年10月19日、JR東海の金子慎社長が記者会見を開き、静岡県の意向を汲んだ協定案を提出することを明らかにした。協定案には「原則として全量を大井川に流す」という内容が盛り込まれたという。これに対し、静岡県は「全量」という文言が入ったことに対して一定の評価をするものの、「原則として」という表現に難色を示しており、より確実性を求めている。今回の協定案の提出は、2027年開業に向けての遅れが懸念されるため、JR東海が静岡県に対して妥協案を示した格好になる。しかし、協定案が認められたとしても残された課題は少なくない。今後、湧水全量を戻す手段の開発や、その設置や運用にかかる費用の負担などの問題が出てくることも予想される。リニア新幹線のように、問題解決まで超スピードで走り抜けることは難しそうだ。


関連する記事

アーカイブス

観光庁 訪日外国人の受け入れ拡大を目指し水中アクティビティーに指針

観光庁 水中アクティビティーにガイドラインを策定 訪日外国人向けに (参照:(株)セキド 水中スクーター「SU [&he・・・

記事全文

(株)Pale Blue 水の超小型統合推進システムがJAXAの実証テーマに選定

(株)Pale Blue 水の推進システムがJAXAの実証テーマに選定 実証機に搭載へ (参照:(株)島津製作 [&he・・・

記事全文

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR