関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

[ 2018/11/21 ]


関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ向けて動き出す。
(参照:国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊


image from 黒部ダム公式ウェブサイト

黒部ダムは日本有数の観光地となっているダムだが、その黒部ダム周辺の観光産業が一層賑やかになりそうだ。現在、宇奈月〜欅平間は黒部峡谷鉄道を利用すると通行することができるが、その先である欅平から黒部ダムまでの間は「黒部ルート」と呼ばれ、トロッコ電車やエレベーター、ケーブルカー、バスなどを乗り継いで行くことになる。黒部ルートは、関西電力が管理する発電施設の保守工事用作業通路という位置づけになっており、関西電力一般からの公募・抽選を行う「黒部ルート見学会」や社客向けの見学会の参加者のみに対して黒部ルートの公開を行ってきた。黒部ルート見学会は当選者2000人に対し、5倍程度の応募者がでる盛況ぶりを見せていた。

黒部ルートを観光資源として活用したい富山県は、「竣工後は公衆の利用に供する」という建設時の条件に基づき、一般開放を長年関西電力に打診していたが安全対策上の問題などで関西電力が拒否する形となっていた。2017年、黒部ダム周辺地域の観光について世界ブランド化を目指す県の会議で黒部ルートの開放について議論が本格化した。2018年10月17日、富山県の長年に渡る交渉が実り、関西電力と富山県は「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結した。黒部ルートはこれまで見学会での事故はなかったが、受け入れ数がこれまでの倍以上になると予想されるため、関西電力が負担する安全対策工事費は莫大な金額になると見込まれる。

2024年に計画されている黒部ルートの開放だが、これまで無料だった見学会は有料になる予定だ。また、開催日についてもこれまでは平日のみだったのに対し、土日祝日にも設定される見通し。一般開放されるとはいえ日にちや人数に制限があるため、プレミア感のある観光資源になることには間違いがなく、富山県を中心に周辺の県観光関係者から注目を集めている。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR