デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

[ 2018/11/24 ]


デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用
(参照:運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評


image from THIRD NATUREのウェブサイト

大規模洪水に悩まされているのは日本だけではなく、近年、大型ハリケーンや集中豪雨などにより、世界中の大都市が同じ問題を抱えている。デンマークの首都、コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら、洪水を防止するという画期的なシステムを持つ歩道用塗装が採用された。

画期的なシステムとはいえ、CLIMATE TILEと呼ばれるこの歩道用塗装の仕組みは単純だ。塗装ブロックの表面には無数の穴が開いており、降った雨がこの塗装ブロックに浸透する。塗装ブロックにはパイプが付属しており、雨水はこのパイプに溜まる仕組みになっている。パイプはさらに歩道の植栽部分に繋がり、雨水を植栽の水やりとして活用する。雨水を資源として有効活用できるというわけだ。都市部における洪水の原因の1つに、アスファルトやコンクリートで舗装された道路が雨水を吸収しないということが挙げられる。CLIMATE TILE は、そんな課題を解決する1つの手段として考えられている。CLIMATE TILEを活用することで、既存の下水道管への雨水の流入量を減らすことも可能になる。

この歩道塗装は2014年に、将来の気候変動に対する解決策を開発するという「Klimaspring」の資金をもとに行われたキャンペーンで採用となったプロジェクト。コペンハーゲン市との協力で行われている取り組みで、建築事務所THIRD NATUREが設計した。CLIMATE TILEの活用がうまくいけば、世界各地の都市型洪水対策の新しいモデルとなるかもしれない。


関連する記事

アーカイブス

NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発

NEDO・東北大ほか 温泉水のメンテで温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発 (参照:西松建設(株) トンネ [&he・・・

記事全文

米CMEグループとナスダック 2020年内にも水の先物取引を立ち上げ予定

米CMEグループとナスダック 水の先物取引誕生なるか 2020年内立ち上げ計画 (参照:2020年の世界水週間 [&he・・・

記事全文

Microsoft 水中データセンターを引き上げ 試験結果を公表

Microsoft 水中データセンター「Northern Isles」を2年ぶりに引き上げ 試験結果を公表 ( [&he・・・

記事全文

(一社)日本アクアソムリエ協会 水関連の認証制度「JAPAN AQUA AWARDS」開催

(一社)日本アクアソムリエ協会 日本初、水関連・サービスの認証制度を実施 (参照:無印良品 「自分で詰める水の [&he・・・

記事全文

株式会社Gloture スマホで管理でWOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始きるペット用循環式UV給水器を発売

株式会社Gloture ペット用循環式UV給水器「Petoneer Fresco Ultra」を発売 (参照: [&he・・・

記事全文

アップル社 シンガポール出店3店目は水上のアップルストア

米アップル社 水上のアップルストア、シンガポールにオープン (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発 [&he・・・

記事全文

神戸大学大学院ほか研究グループ 釧路湿原の水からキタサンショウウオのDNAを検出

神戸大学大学院ほか研究グループ 環境DNAで釧路湿原の水からキタサンショウウオ検出 (参照:日本水産・弓ヶ浜水 [&he・・・

記事全文

香港のスタートアップ企業 水に溶けるビニール袋を開発

スタートアップ企業Distinctive Action 水に溶けるビニール袋#INVISIBLEBAGを開発 [&he・・・

記事全文

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収 、販売権も一部取得 (参照:(株)JR東日本ウォータ [&he・・・

記事全文

インタービジネスブリッジ 「Water Billy」から「ウォーターガンブレラ」を発売

ンタービジネスブリッジ 水鉄砲傘「ウォーターガンブレラ」を発売 (参照:(株)タカラトミーアーツ コースが作れ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR