デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

[ 2018/11/24 ]


デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用
(参照:運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評


image from THIRD NATUREのウェブサイト

大規模洪水に悩まされているのは日本だけではなく、近年、大型ハリケーンや集中豪雨などにより、世界中の大都市が同じ問題を抱えている。デンマークの首都、コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら、洪水を防止するという画期的なシステムを持つ歩道用塗装が採用された。

画期的なシステムとはいえ、CLIMATE TILEと呼ばれるこの歩道用塗装の仕組みは単純だ。塗装ブロックの表面には無数の穴が開いており、降った雨がこの塗装ブロックに浸透する。塗装ブロックにはパイプが付属しており、雨水はこのパイプに溜まる仕組みになっている。パイプはさらに歩道の植栽部分に繋がり、雨水を植栽の水やりとして活用する。雨水を資源として有効活用できるというわけだ。都市部における洪水の原因の1つに、アスファルトやコンクリートで舗装された道路が雨水を吸収しないということが挙げられる。CLIMATE TILE は、そんな課題を解決する1つの手段として考えられている。CLIMATE TILEを活用することで、既存の下水道管への雨水の流入量を減らすことも可能になる。

この歩道塗装は2014年に、将来の気候変動に対する解決策を開発するという「Klimaspring」の資金をもとに行われたキャンペーンで採用となったプロジェクト。コペンハーゲン市との協力で行われている取り組みで、建築事務所THIRD NATUREが設計した。CLIMATE TILEの活用がうまくいけば、世界各地の都市型洪水対策の新しいモデルとなるかもしれない。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR