浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

[ 2018/12/23 ]


浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に
(参照:水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』


image from 日本スレッド株式会社のウェブサイト

浪速工作所日本スレッドが水の小型ろ過装置を共同開発した。遠心分離の技術とフィルターを活用した水浄化システムで、商品名は「Wクリーン」。内側にらせん状の溝が刻まれたモジュールに、専用のフィルターを挿し込んで使用、水を浄化する。遠心力を利用して不純物をらせん状の溝でキャッチし、その後フィルターでろ過する仕組みだ。塩素処理と併用することで、工業用水を食品用洗浄水に使用できるまでに浄化することができる。

現在、日本では水の浄化に膜ろ過方式を取り入れているケースがあるが、膜ろ過方式は能力が高く価格も比例して高くなり、採算が合わないケースがあるという。膜ろ過は、ろ過する穴の大きさによってろ過の精度が大きく左右されるが、砂ろ過の場合穴の大きさは5~20ミクロン程度、膜ろ過の場合は0.01~0.1ミクロン、今回開発された「Wクリーン」は2ミクロンで中間的な扱いとなる。価格は膜ろ過方式の半分以下に抑えられている。工業用水は価格が安い分、水道水とは異なり浄水処理としてろ過や塩素の注入が施されていない。この工業用水を有効活用できるようになることは、現在水道水で洗浄を行っている食品製造現場などでの大きな需要が見込まれるという。「Wクリーン」は社長を含めたスタッフ3名というスタートアップ企業・日本スレッドが企画、金型製造業の浪速製作所が設計と製造を行った。2019年春ごろ、水道技術研究センターの浄水用設備等認定を申請する予定。


関連する記事

アーカイブス

栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防 [&he・・・

記事全文

FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ (参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用 [&he・・・

記事全文

ヒルトン名古屋 マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供

ヒルトン名古屋 ウォーターステーションを設置、マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供 (参照:株式会社矢 [&he・・・

記事全文

(株)シーエス研究所 首こり専用のマッサージロボット「アクアエース」発売

(株)シーエス研究所 首こり専用のウォーターベッド型マッサージロボ「アクアエース」発売 (参照:ジョンソンヘル [&he・・・

記事全文

中国電力 治水対策としての事前放流を決定

中国電力 中国四国以西初、民間発電目的のダムで事前放流を決定 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操 [&he・・・

記事全文

美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ

美祢市 日本100名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ (参照:新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生き [&he・・・

記事全文

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR