浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

[ 2018/12/23 ]


浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に
(参照:水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』


image from 日本スレッド株式会社のウェブサイト

浪速工作所日本スレッドが水の小型ろ過装置を共同開発した。遠心分離の技術とフィルターを活用した水浄化システムで、商品名は「Wクリーン」。内側にらせん状の溝が刻まれたモジュールに、専用のフィルターを挿し込んで使用、水を浄化する。遠心力を利用して不純物をらせん状の溝でキャッチし、その後フィルターでろ過する仕組みだ。塩素処理と併用することで、工業用水を食品用洗浄水に使用できるまでに浄化することができる。

現在、日本では水の浄化に膜ろ過方式を取り入れているケースがあるが、膜ろ過方式は能力が高く価格も比例して高くなり、採算が合わないケースがあるという。膜ろ過は、ろ過する穴の大きさによってろ過の精度が大きく左右されるが、砂ろ過の場合穴の大きさは5~20ミクロン程度、膜ろ過の場合は0.01~0.1ミクロン、今回開発された「Wクリーン」は2ミクロンで中間的な扱いとなる。価格は膜ろ過方式の半分以下に抑えられている。工業用水は価格が安い分、水道水とは異なり浄水処理としてろ過や塩素の注入が施されていない。この工業用水を有効活用できるようになることは、現在水道水で洗浄を行っている食品製造現場などでの大きな需要が見込まれるという。「Wクリーン」は社長を含めたスタッフ3名というスタートアップ企業・日本スレッドが企画、金型製造業の浪速製作所が設計と製造を行った。2019年春ごろ、水道技術研究センターの浄水用設備等認定を申請する予定。


関連する記事

アーカイブス

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

(株)Gloture 自動で水やりしてくれるスマート水耕栽培プランターを販売へ

(株)Gloture スマート水耕栽培プランター「Botanium」販売 自社ECサイトで (参考:(株)竹中工務店ら ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR