全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

[ 2018/12/28 ]


全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」
(参照:全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定


image from 全国清涼飲料連合会のウェブサイト

2018年11月29日、一般社団法人全国清涼飲料連合会は「清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言」を発表した。2017年度のペットボトルリサイクル率は84.8%と高い数値を出しているが、これを2030年度までに100%に上げることを目指すというもの。近年、世界的に問題となっている、微小なプラスチックによる海洋汚染問題に対して行動を起こした形だ。

これまでも「混ぜればごみ、分ければ資源」の考えのもと、飲用後のペットボトル容器の散乱防止や、リサイクルなど3R推進を進めてきた。現在、自販機の回収ボックスは空容器の散乱が問題になっている。ペットボトルのリサイクル推進に設置したものであったが、家庭ごみなどの混入によりリサイクルの質の低下を招いていることや、本来回収ボックスに入れるはずのペットボトルが、先のゴミにより回収ボックスに入りきらないなどが起こっているという。ペットボトル有効利用率を高めるためには、政府や自治体、NPOなど関連団体と連携しながら今後も回収の仕組みのあり方や、取り組みの拡大などを再検討していく予定だという。

一般社団法人全国清涼飲料連合会は、元農林水産省所管の団体で2017年に全国清涼飲料工業会から改名。2018年現在はキリンビバレッジ社長の堀口英樹氏が会長を務めている。


関連する記事

アーカイブス

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検、AI検知ツールで効率化へ (参照:)[ 2020/09/28 ]

記事全文

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR