全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

[ 2018/12/28 ]


全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」
(参照:全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定


image from 全国清涼飲料連合会のウェブサイト

2018年11月29日、一般社団法人全国清涼飲料連合会は「清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言」を発表した。2017年度のペットボトルリサイクル率は84.8%と高い数値を出しているが、これを2030年度までに100%に上げることを目指すというもの。近年、世界的に問題となっている、微小なプラスチックによる海洋汚染問題に対して行動を起こした形だ。

これまでも「混ぜればごみ、分ければ資源」の考えのもと、飲用後のペットボトル容器の散乱防止や、リサイクルなど3R推進を進めてきた。現在、自販機の回収ボックスは空容器の散乱が問題になっている。ペットボトルのリサイクル推進に設置したものであったが、家庭ごみなどの混入によりリサイクルの質の低下を招いていることや、本来回収ボックスに入れるはずのペットボトルが、先のゴミにより回収ボックスに入りきらないなどが起こっているという。ペットボトル有効利用率を高めるためには、政府や自治体、NPOなど関連団体と連携しながら今後も回収の仕組みのあり方や、取り組みの拡大などを再検討していく予定だという。

一般社団法人全国清涼飲料連合会は、元農林水産省所管の団体で2017年に全国清涼飲料工業会から改名。2018年現在はキリンビバレッジ社長の堀口英樹氏が会長を務めている。


関連する記事

アーカイブス

栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防 [&he・・・

記事全文

FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ (参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用 [&he・・・

記事全文

ヒルトン名古屋 マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供

ヒルトン名古屋 ウォーターステーションを設置、マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供 (参照:株式会社矢 [&he・・・

記事全文

(株)シーエス研究所 首こり専用のマッサージロボット「アクアエース」発売

(株)シーエス研究所 首こり専用のウォーターベッド型マッサージロボ「アクアエース」発売 (参照:ジョンソンヘル [&he・・・

記事全文

中国電力 治水対策としての事前放流を決定

中国電力 中国四国以西初、民間発電目的のダムで事前放流を決定 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操 [&he・・・

記事全文

美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ

美祢市 日本100名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ (参照:新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生き [&he・・・

記事全文

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR