全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

[ 2018/12/28 ]


全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」
(参照:全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定


image from 全国清涼飲料連合会のウェブサイト

2018年11月29日、一般社団法人全国清涼飲料連合会は「清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言」を発表した。2017年度のペットボトルリサイクル率は84.8%と高い数値を出しているが、これを2030年度までに100%に上げることを目指すというもの。近年、世界的に問題となっている、微小なプラスチックによる海洋汚染問題に対して行動を起こした形だ。

これまでも「混ぜればごみ、分ければ資源」の考えのもと、飲用後のペットボトル容器の散乱防止や、リサイクルなど3R推進を進めてきた。現在、自販機の回収ボックスは空容器の散乱が問題になっている。ペットボトルのリサイクル推進に設置したものであったが、家庭ごみなどの混入によりリサイクルの質の低下を招いていることや、本来回収ボックスに入れるはずのペットボトルが、先のゴミにより回収ボックスに入りきらないなどが起こっているという。ペットボトル有効利用率を高めるためには、政府や自治体、NPOなど関連団体と連携しながら今後も回収の仕組みのあり方や、取り組みの拡大などを再検討していく予定だという。

一般社団法人全国清涼飲料連合会は、元農林水産省所管の団体で2017年に全国清涼飲料工業会から改名。2018年現在はキリンビバレッジ社長の堀口英樹氏が会長を務めている。


関連する記事

アーカイブス

(株)星野リゾート 「星のや」ブランドでペットボトルを廃止し、ウォータージャグへ

(株)星野リゾート 「星のや」でペットボトルを廃止し ウォータージャグの設置へ (参照:星のや沖縄 「星空ホットプール」・・・

記事全文

日本製粉(株)  「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施

日本製粉(株)  日本ユニセフ協会の「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ・・・

記事全文

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が下がりすぎた問題で法改正へ

環境省 瀬戸内海の「きれいになり過ぎた」問題で法改正へ 水域を分けて対策 (参照:長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR