岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

[ 2019/01/02 ]


岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働
(参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ)


image from Pixaby

2018年12月5日、岐阜県関市板取で、小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働した。板取川清流発電所は、板取川支流である岩本谷川の農業用水「岩本用水」の落差を利用して発電タービンを回し、電力を生み出すというもの。落差は24.4mあり、最大出力は52kWにのぼる。年間発電量は43.1万kWになる見込みで、これは一般家庭120世帯分の使用電力量に相当する。施設の管理主体は関市になるが、実際の運営は地元の自治体が担い、板取川清流発電所で発電した電力は電力会社に売ることになる。

5日に開かれた板取川清流発電所の通電式には、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元の関係者ら約30人が出席、完成を祝った。農業用水を活用した売電目的での小水力発電施設の完成は、関市市内で初となる。施設完成までの事業費は国が半額を負担し、県と市が残りの半分を折半した形となり、かかった総事業費は約3億900万円だった。

小水力発電は河川の水流を貯めることなく利用でき、これまで使われていなかったエネルギーを有効活用するシステム。河川や周辺の環境を変えることなくエネルギーを生み出すことができる、環境配慮型の電力設備だ。年間・昼夜を問わず発電できるというメリットがある一方で、法的な規制や申請に関わる手続きが煩雑というデメリットもある。日本での認知度はまだまだ低く、経済性が認められれば、取り入れる自治体が増える可能性がある。


関連する記事

アーカイブス

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討

インド・ムンバイ市 大雨や洪水等災害対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討 (参照:三井住友建設(株) カン [&he・・・

記事全文

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりのサービスを強化へ

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりの緊急サービスや施工面を強化へ (参照:日立 10月に高硬度水や井戸 [&he・・・

記事全文

愛知県 全国で初めて浄化槽点検業者を認定制に

愛知県 全国初、浄化槽点検業者の認定制を検討 (参照:(株)Rist AI水質監視システムを活用する水処理施設 [&he・・・

記事全文

(株)ドリーマー 「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結

(株)ドリーマー 東海地方で初「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結 (参照:TOKAI 災 [&he・・・

記事全文

山形・福島・新潟 水田での園芸作物栽培に向けての排水技術や先進事例を共有

山形・福島・新潟 水田の排水技術や先進事例を共有、水田栽培の園芸作物産地化へ (参照:未来工業と和仁農園 田ん [&he・・・

記事全文

ジャパンソルト ニュージーランド産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」販売へ

ジャパンソルト NZ産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」を輸入、販売へ (参照:福光屋 日本酒の仕込み水 [&he・・・

記事全文

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水の配達料を無料に

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水「なんたん水」の配達を無料化 (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水13 [&he・・・

記事全文

日立 10月に高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュートを発売へ

日立 高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」発売 (参照:TOKAI 災害時 [&he・・・

記事全文

福光屋 日本酒の仕込み水で作った炭酸水を発売

福光屋 日本酒の仕込み水で作った無糖の炭酸水を発売 (参照:キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国の [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR