岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

[ 2019/01/02 ]


岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働
(参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ)


image from Pixaby

2018年12月5日、岐阜県関市板取で、小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働した。板取川清流発電所は、板取川支流である岩本谷川の農業用水「岩本用水」の落差を利用して発電タービンを回し、電力を生み出すというもの。落差は24.4mあり、最大出力は52kWにのぼる。年間発電量は43.1万kWになる見込みで、これは一般家庭120世帯分の使用電力量に相当する。施設の管理主体は関市になるが、実際の運営は地元の自治体が担い、板取川清流発電所で発電した電力は電力会社に売ることになる。

5日に開かれた板取川清流発電所の通電式には、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元の関係者ら約30人が出席、完成を祝った。農業用水を活用した売電目的での小水力発電施設の完成は、関市市内で初となる。施設完成までの事業費は国が半額を負担し、県と市が残りの半分を折半した形となり、かかった総事業費は約3億900万円だった。

小水力発電は河川の水流を貯めることなく利用でき、これまで使われていなかったエネルギーを有効活用するシステム。河川や周辺の環境を変えることなくエネルギーを生み出すことができる、環境配慮型の電力設備だ。年間・昼夜を問わず発電できるというメリットがある一方で、法的な規制や申請に関わる手続きが煩雑というデメリットもある。日本での認知度はまだまだ低く、経済性が認められれば、取り入れる自治体が増える可能性がある。


関連する記事

アーカイブス

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書まとめる

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書で世界の水供給についてまとめる (参照:IWA世界会議 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラシステム 人気の「い・ろ・は・す 天然水」にレモンフレーバー登場

コカ・コーラシステム 「い・ろ・は・す 天然水」無糖のレモンフレーバー発売 (参照:コカ・コーラHBCスイス  [&he・・・

記事全文

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR