カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

[ 2019/01/26 ]


カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始
(参照:岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成


image from AC

2018年12月17日、カンボジアの北東部ストゥントレン州で、同国最大級である水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」が操業を開始した。セサン下流2水力発電所ダムはカンボジアの大手財閥ロイヤルグループと中国国営ハイドロランチャン国際エネルギー、ベトナムの電力総公社の合弁事業として進められてきた。カンボジアのダム建設プロジェクトに中国、ベトナムが出資した形となる。これまでもカンボジアは、中国からの資金協力を得てダムの建設に取り組んできている。

セサン下流2水力発電所ダムは発電量400メガワットの予定で、約7億8000万ドル(日本円換算約900億円)を投じてメコン川支流沿いに建設されたが、建設を巡っては多くの懸念があるとして以前から国連がその懸念を表明してきた。建設中止を求める住民の反対デモが起こるほか、食糧安全保障を脅かすと危惧する科学者らが建設中止を求める共同声明を発表するなどの経緯があったが、今回同国が押し切った形となる。12月17日に開かれた開業式典には、同国のフン・セン(Hun Sen)首相が出席し、改めて今回のダム建設が電気料金の引き下げに役立つことを主張した。

特定非営利活動法人メコン・ウォッチによる、セサン下流2水力発電所ダムの建設により懸念されていることは以下の通り。
・メコン河下流域全体の魚の資源量が9.3%減少、50種以上の魚種が絶滅の危機になる予測
・ダムによる水の停滞でラタナキリ州の河川の水質悪化、放水による資産の喪失、洪水被害の激化
・下流への流下物減少により塩害の激化(トンレサップ湖、メコンデルタへの影響)


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR