カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

[ 2019/01/26 ]


カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始
(参照:岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成


image from AC

2018年12月17日、カンボジアの北東部ストゥントレン州で、同国最大級である水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」が操業を開始した。セサン下流2水力発電所ダムはカンボジアの大手財閥ロイヤルグループと中国国営ハイドロランチャン国際エネルギー、ベトナムの電力総公社の合弁事業として進められてきた。カンボジアのダム建設プロジェクトに中国、ベトナムが出資した形となる。これまでもカンボジアは、中国からの資金協力を得てダムの建設に取り組んできている。

セサン下流2水力発電所ダムは発電量400メガワットの予定で、約7億8000万ドル(日本円換算約900億円)を投じてメコン川支流沿いに建設されたが、建設を巡っては多くの懸念があるとして以前から国連がその懸念を表明してきた。建設中止を求める住民の反対デモが起こるほか、食糧安全保障を脅かすと危惧する科学者らが建設中止を求める共同声明を発表するなどの経緯があったが、今回同国が押し切った形となる。12月17日に開かれた開業式典には、同国のフン・セン(Hun Sen)首相が出席し、改めて今回のダム建設が電気料金の引き下げに役立つことを主張した。

特定非営利活動法人メコン・ウォッチによる、セサン下流2水力発電所ダムの建設により懸念されていることは以下の通り。
・メコン河下流域全体の魚の資源量が9.3%減少、50種以上の魚種が絶滅の危機になる予測
・ダムによる水の停滞でラタナキリ州の河川の水質悪化、放水による資産の喪失、洪水被害の激化
・下流への流下物減少により塩害の激化(トンレサップ湖、メコンデルタへの影響)


関連する記事

アーカイブス

NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発

NEDO・東北大ほか 温泉水のメンテで温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発 (参照:西松建設(株) トンネ [&he・・・

記事全文

米CMEグループとナスダック 2020年内にも水の先物取引を立ち上げ予定

米CMEグループとナスダック 水の先物取引誕生なるか 2020年内立ち上げ計画 (参照:2020年の世界水週間 [&he・・・

記事全文

Microsoft 水中データセンターを引き上げ 試験結果を公表

Microsoft 水中データセンター「Northern Isles」を2年ぶりに引き上げ 試験結果を公表 ( [&he・・・

記事全文

(一社)日本アクアソムリエ協会 水関連の認証制度「JAPAN AQUA AWARDS」開催

(一社)日本アクアソムリエ協会 日本初、水関連・サービスの認証制度を実施 (参照:無印良品 「自分で詰める水の [&he・・・

記事全文

株式会社Gloture スマホで管理でWOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始きるペット用循環式UV給水器を発売

株式会社Gloture ペット用循環式UV給水器「Petoneer Fresco Ultra」を発売 (参照: [&he・・・

記事全文

アップル社 シンガポール出店3店目は水上のアップルストア

米アップル社 水上のアップルストア、シンガポールにオープン (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発 [&he・・・

記事全文

神戸大学大学院ほか研究グループ 釧路湿原の水からキタサンショウウオのDNAを検出

神戸大学大学院ほか研究グループ 環境DNAで釧路湿原の水からキタサンショウウオ検出 (参照:日本水産・弓ヶ浜水 [&he・・・

記事全文

香港のスタートアップ企業 水に溶けるビニール袋を開発

スタートアップ企業Distinctive Action 水に溶けるビニール袋#INVISIBLEBAGを開発 [&he・・・

記事全文

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収 、販売権も一部取得 (参照:(株)JR東日本ウォータ [&he・・・

記事全文

インタービジネスブリッジ 「Water Billy」から「ウォーターガンブレラ」を発売

ンタービジネスブリッジ 水鉄砲傘「ウォーターガンブレラ」を発売 (参照:(株)タカラトミーアーツ コースが作れ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR