カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

[ 2019/01/26 ]


カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始
(参照:岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成


image from AC

2018年12月17日、カンボジアの北東部ストゥントレン州で、同国最大級である水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」が操業を開始した。セサン下流2水力発電所ダムはカンボジアの大手財閥ロイヤルグループと中国国営ハイドロランチャン国際エネルギー、ベトナムの電力総公社の合弁事業として進められてきた。カンボジアのダム建設プロジェクトに中国、ベトナムが出資した形となる。これまでもカンボジアは、中国からの資金協力を得てダムの建設に取り組んできている。

セサン下流2水力発電所ダムは発電量400メガワットの予定で、約7億8000万ドル(日本円換算約900億円)を投じてメコン川支流沿いに建設されたが、建設を巡っては多くの懸念があるとして以前から国連がその懸念を表明してきた。建設中止を求める住民の反対デモが起こるほか、食糧安全保障を脅かすと危惧する科学者らが建設中止を求める共同声明を発表するなどの経緯があったが、今回同国が押し切った形となる。12月17日に開かれた開業式典には、同国のフン・セン(Hun Sen)首相が出席し、改めて今回のダム建設が電気料金の引き下げに役立つことを主張した。

特定非営利活動法人メコン・ウォッチによる、セサン下流2水力発電所ダムの建設により懸念されていることは以下の通り。
・メコン河下流域全体の魚の資源量が9.3%減少、50種以上の魚種が絶滅の危機になる予測
・ダムによる水の停滞でラタナキリ州の河川の水質悪化、放水による資産の喪失、洪水被害の激化
・下流への流下物減少により塩害の激化(トンレサップ湖、メコンデルタへの影響)


関連する記事

アーカイブス

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR