島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

[ 2019/01/28 ]


島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発
(参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売


image from Pixaby

京都に本社を構える島津製作所が、水中でも使える高速無線通信システムの開発に成功した。この技術は半導体レーザーによる光技術を活用し、画像や映像を瞬時に送受信できるというもので、従来の音波での水中無線に比べて約1000倍の通信速度になるという。水中ロボットにこの機能を搭載させることによって、海底やその他の水中の正確な情報をキャッチ、状況の把握がリアルタイムで可能になる。

現在、水中ロボットの無線での画像の送受信は、音波によって行われるのが一般的だが、大容量のデータ通信の送受信が困難であるため、1枚の画像を送るのに10分程度の時間を要している。有線ケーブルを使用した場合、大容量通信が可能になり送受信の時間を短縮することができるが、流れの早い海流の中での作業は、ケーブルが流されてしまうなど操作面で問題がある。島津製作所が今回開発した技術によると、無線での通信で、1枚の画像の送受信にかかる時間は0.6秒と驚異的ともいえるスピードだ。

日本近海には、石油・天然ガスに代わる次世代の資源として注目を集めているメタンハイドレートや、コバルトやニッケルなどの資源が存在しているとの見方がある。水中ロボットによる状況の把握がリアルタイムにできるようになることは、日本にとって大変有益な話になる。海底調査だけでなく、水道事業やダム現場などさまざまな場面で活用されることは間違いない。


関連する記事

アーカイブス

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR