日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

[ 2019/01/31 ]


日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み
(参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ


image from 農林水産省のウェブサイト

日本大学工学部の朝岡良浩准教授の研究チームが、自然の機能を生かした自主防災の研究を進めている。大雨の降雨時に、上流にある水田をダム機能のようにして一時的に水を溜め、下流にある排水路の水位の上昇を抑えるというもの。水田の貯水機能を活かした対策で、「田んぼダム」と名付けられている。

田んぼダム」に取り組んでいる水田には、小さい穴の開いた水位調整板を排水器具として取り付け、流用を調整する。この調整版での実験が福島県郡山市と須賀川市で行われており、効果を実証している。協力してくれる農家さえ見つかれば低コストでできる防災対策になるという。2019年の秋には新たな展開に発展させる予定で、既存の穴の開いた水位調整版ではなく、自動で水位調整できる構造にバージョンアップされる見込み。今後、自動計測したデータをスマートフォンに飛ばし、効果を検証していけるようにしていく。

協力農家は増加傾向にあるが、一方で正確なデータを収集することに問題がないわけではない。現行の水位調整版を使用していては、水田の水抜き作業に時間がかかるため、通年で水位調整版を設置しておかねばならないところを外してしまう農家もいるのだという。万が一のときに正しく使用できるよう、日ごろからの使い方の周知徹底が必要とされる。


関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR