三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

[ 2019/02/17 ]


三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表
(参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始


image from 三菱マテリアルのウェブサイト

三菱マテリアルは、秋田県で同社にとって66年ぶりとなる水力発電所を建設することを発表した。新たに建設される「小又川新発電所」の工事は2019年5月に着工し、2022年12月の完成を目指している。今回の発電所は小又川水系で、北秋田市にある森吉ダム直下の小又川第四発電所の放流口から直接取水し、最大使用水量時有効落差91.50m(常時使用水量時有効落差94.32m)を確保し発電する。新しい水力発電所の建設は第一、第二発電所の経年対策も目的の1つとしているため、新発電所の稼働後は第一および第二発電所は廃止する予定だ。

新設される発電所は、最大出力は10.326MWで、年間発電量は約4万8500MWhが見込まれている。第一、第二発電所を廃止するため、差し引きは2.86MW、年間発電量約1万3400MWhの増加を予定している。

水力発電はCO2を出さないエコな発電として重要な意味を持つが、水資源の確保や採算性の面からその数が減ってきている。今回の小又川新発電所の建設では、河川環境の保全や維持のために正常流量の放流も設定されている。三菱マテリアルの水力発電は100年以上の歴史がある。秋田県では57の水力発電所が稼働(※2018年3月31日時点)しており、三菱マテリアルはそのうち6つの発電所を請け負っている。


関連する記事

アーカイブス

(株)ジェイテクト 新規事業J-WeLLをスタート インドで水管理ソリューション展開

(株)ジェイテクト 新規事業水管理ソリューションJ-WeLLをインドでスタート (参照:インド 大雨や洪水の対 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR