三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

[ 2019/02/17 ]


三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表
(参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始


image from 三菱マテリアルのウェブサイト

三菱マテリアルは、秋田県で同社にとって66年ぶりとなる水力発電所を建設することを発表した。新たに建設される「小又川新発電所」の工事は2019年5月に着工し、2022年12月の完成を目指している。今回の発電所は小又川水系で、北秋田市にある森吉ダム直下の小又川第四発電所の放流口から直接取水し、最大使用水量時有効落差91.50m(常時使用水量時有効落差94.32m)を確保し発電する。新しい水力発電所の建設は第一、第二発電所の経年対策も目的の1つとしているため、新発電所の稼働後は第一および第二発電所は廃止する予定だ。

新設される発電所は、最大出力は10.326MWで、年間発電量は約4万8500MWhが見込まれている。第一、第二発電所を廃止するため、差し引きは2.86MW、年間発電量約1万3400MWhの増加を予定している。

水力発電はCO2を出さないエコな発電として重要な意味を持つが、水資源の確保や採算性の面からその数が減ってきている。今回の小又川新発電所の建設では、河川環境の保全や維持のために正常流量の放流も設定されている。三菱マテリアルの水力発電は100年以上の歴史がある。秋田県では57の水力発電所が稼働(※2018年3月31日時点)しており、三菱マテリアルはそのうち6つの発電所を請け負っている。


関連する記事

アーカイブス

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR