龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

[ 2019/02/27 ]


龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む
(参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究


image from pixabay

龍谷大学の山中裕樹講師が、池や湖から採取した水から、生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組んでいることが分かった。山中氏は、測定ノウハウの伝達などを目的に、2018年春に学会を立ち上げた。「環境DNA」の技術を用いて実際に調査をする業者が増えたことから、業者によって測定レベルに差が出ると、「環境DNA」への信頼性が下がってしまいかねないためだ。

今回の新技術「環境DNA」は、水中に魚が排出したフンや粘液から遺伝子を取り出し、生息する生物の種類を推定する。採取する水は1~2リットル程度のみで良いという。採取した水の中に含まれる遺伝子を抽出、増幅して専用機器で測定する。測定精度は非常に優秀で、2014年度に行われた沖縄県の美(ちゅ)ら海水族館での実験では、93%の特定率という抜群の結果が出た。

これまでは個体を捕獲し、水中の生物の生息調査を行っていた。採取した水を「環境DNA」の技術を用いて分析することは、これまでの調査方法と比較して、大幅なコストダウンが見込めるという。水を1~2リットル採取するだけで、半径数百メートル内の生物が推測できる。コストだけでなく、効率面でも注目を集めている。遺伝子のデータベース化を進めたことで、現在は9000種程度の生物と照合が可能。さらなる技術の発展が望まれる。


関連する記事

アーカイブス

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR