龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

[ 2019/02/27 ]


龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む
(参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究


image from pixabay

龍谷大学の山中裕樹講師が、池や湖から採取した水から、生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組んでいることが分かった。山中氏は、測定ノウハウの伝達などを目的に、2018年春に学会を立ち上げた。「環境DNA」の技術を用いて実際に調査をする業者が増えたことから、業者によって測定レベルに差が出ると、「環境DNA」への信頼性が下がってしまいかねないためだ。

今回の新技術「環境DNA」は、水中に魚が排出したフンや粘液から遺伝子を取り出し、生息する生物の種類を推定する。採取する水は1~2リットル程度のみで良いという。採取した水の中に含まれる遺伝子を抽出、増幅して専用機器で測定する。測定精度は非常に優秀で、2014年度に行われた沖縄県の美(ちゅ)ら海水族館での実験では、93%の特定率という抜群の結果が出た。

これまでは個体を捕獲し、水中の生物の生息調査を行っていた。採取した水を「環境DNA」の技術を用いて分析することは、これまでの調査方法と比較して、大幅なコストダウンが見込めるという。水を1~2リットル採取するだけで、半径数百メートル内の生物が推測できる。コストだけでなく、効率面でも注目を集めている。遺伝子のデータベース化を進めたことで、現在は9000種程度の生物と照合が可能。さらなる技術の発展が望まれる。


関連する記事

アーカイブス

宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反対 要望書を提出、風評被害の拡大を懸念

宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反対 風評被害拡大懸念で要望書を提出 (参照:日本水産・弓ヶ浜水産・日立 [&he・・・

記事全文

観光庁 訪日外国人の受け入れ拡大を目指し水中アクティビティーに指針

観光庁 水中アクティビティーにガイドラインを策定 訪日外国人向けに (参照:(株)セキド 水中スクーター「SU [&he・・・

記事全文

(株)Pale Blue 水の超小型統合推進システムがJAXAの実証テーマに選定

(株)Pale Blue 水の推進システムがJAXAの実証テーマに選定 実証機に搭載へ (参照:(株)島津製作 [&he・・・

記事全文

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR