(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

[ 2019/04/16 ]


(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用
(参照:魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究)


image from (株)ディーゼルワークショップのウェブサイト

小型無人機ドローンによる空撮を手掛ける株式会社ディーゼル・ワークショップが、陸上型調査ドローンを開発した。デジタル無線伝送システムで走らせながら撮影ができるため、これまで進入が難しかった場所や、災害時などの危険地帯の調査などに活用できる。

陸上型調査ドローンは、5種類にサイズ展開され、同社によると、いずれも下部が防水構造になっているため、水深10~20cm前後までは走行が可能だという。300%まで拡大に耐えられる高画質な4K可視光カメラを搭載したものや、赤外線サーモグラフィカメラがついているものGPSが搭載されているものもある。これらを利用すると、老朽化する地下水路の内側の損傷や水漏れ、湧水も発見できる。すでに飛騨市古川町の農業用水路(約35m)では、試験的調査も行われ、用水路内の堆積物の動画撮影に成功している。

これまでもディーゼル・ワークショップ以外でも、用水路を点検する機械は開発されてきたが、設置や調整などの手間に加えて調査費用が高額になる傾向があった。今回開発された陸上型調査ドローンの場合は、1m当たりの調査費が500円程度、設置も簡単でメリットが大きいという。水道関係だけでなく、災害時に孤立地域への物資運搬が可能になるなど、用途が幅広く期待されている。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR