(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

[ 2019/04/16 ]


(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用
(参照:魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究)


image from (株)ディーゼルワークショップのウェブサイト

小型無人機ドローンによる空撮を手掛ける株式会社ディーゼル・ワークショップが、陸上型調査ドローンを開発した。デジタル無線伝送システムで走らせながら撮影ができるため、これまで進入が難しかった場所や、災害時などの危険地帯の調査などに活用できる。

陸上型調査ドローンは、5種類にサイズ展開され、同社によると、いずれも下部が防水構造になっているため、水深10~20cm前後までは走行が可能だという。300%まで拡大に耐えられる高画質な4K可視光カメラを搭載したものや、赤外線サーモグラフィカメラがついているものGPSが搭載されているものもある。これらを利用すると、老朽化する地下水路の内側の損傷や水漏れ、湧水も発見できる。すでに飛騨市古川町の農業用水路(約35m)では、試験的調査も行われ、用水路内の堆積物の動画撮影に成功している。

これまでもディーゼル・ワークショップ以外でも、用水路を点検する機械は開発されてきたが、設置や調整などの手間に加えて調査費用が高額になる傾向があった。今回開発された陸上型調査ドローンの場合は、1m当たりの調査費が500円程度、設置も簡単でメリットが大きいという。水道関係だけでなく、災害時に孤立地域への物資運搬が可能になるなど、用途が幅広く期待されている。


関連する記事

アーカイブス

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR