日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

[ 2019/05/03 ]


2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新
(参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ)


image from Pixabay

日本ミネラルウォーター協会が、公開している統計資料を2019年3月22日に更新した。更新された統計資料では、2018(1-12)年までの国内生産・輸入の推移が公開されている。公開された資料の概要については以下の通り。

・ミネラルウォーターの国内生産量は2001年以降伸び続け、2018年は数量3,657,593キロリットル、前年比112.4%を記録。(輸入を含めると総合計4,009,579キロリットル、前年比111.6%)
・ミネラルウォーターの1人当たりの年間消費量は31.7リットルで、最高記録を更新。
・都道府県別ミネラルウォーター生産数量は、統計を取り始めた1997年以来、山梨県がトップをキープし、2018年も山梨県が1,490,760キロリットルを記録、連続首位の記録を更新。
・2018年の山梨県のミネラルウォーター生産量は、国内の全生産量の40.8%を占める。
・品名別生産数量では、ナチュラルミネラルウォーターが全体の88%、次いでボトルドウォーターが10.7%だった

ミネラルウォーターの消費が増えるなか、生産量トップを走り続ける山梨県では、全国初の「ミネラルウォーター税」の導入を巡って議論が交わされている。2019年3月には山梨県議会が地下水の利用について、地方公共団体が独自に条例を定めて課することができるという「税法定外税」の導入を知事に提言するなど、その動向が日本国中から注目されている。ミネラルウォーター税が導入されれば、生産量にも影響が出る可能性もある。今後の統計資料にも注目したい。


関連する記事

アーカイブス

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR