山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

[ 2019/05/07 ]


山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発
(参照:魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究)


image from Pixabay

山口大学工学部山本浩一准教(環境衛生工学研究室)と環境計測機器メーカーの大起理化工業株式会社が、地下水の新しい測定法を共同開発したことを発表した。「紙」を使用して地下水の流速と流向を測定するというもので、「ペーパーディスク型簡易地下水流向流速計」の名称で製品化されることが決定した。

地下水は現在、赤外線カメラで粒子の動きを観測するほか、温度変化を計測して地下水の動向を調査する方法が一般的で、既製の機器の価格は300万~500万円程度。今回開発された商品は、透水性のスポンジや紙製ディスクを使用し、従来機器の約30分の1という価格を実現した。測定時の電源も不要。

山口大学山本准教授と大起理化工業株式会社は、2009年ごろから紙を利用した地下水調査機器の開発をスタートさせ、2014年には特許を取得。今回開発された測定機器は、コストが安く済むというだけでなく、測定結果を換算表と照らし合わせることで、専門知識がなくても簡単に結果が判定できる点が大きなメリットとなっている。自治体などで地下水の流向調査、汚染調査などが手軽にできるようになると考えられている。子どもの環境教育にも応用できるとされ、使い方に期待が高まる。発売は2019年4月ごろを予定している。


関連する記事

アーカイブス

(株)ジェイテクト 新規事業J-WeLLをスタート インドで水管理ソリューション展開

(株)ジェイテクト 新規事業水管理ソリューションJ-WeLLをインドでスタート (参照:インド 大雨や洪水の対 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR