アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

[ 2019/06/19 ]


アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見
(参照:NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見)


image from JAXAのウェブサイト

2019年5月1日に科学誌「Science Advance」に、アリゾナ州立大学の研究者が発表した論文が話題を呼んでいる。論文によると、2010年にJAXAの小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見したという。今回発見された水の痕跡では、分析により地球や太陽系内側の惑星に存在する水と同じ組成を持っていることがわかった。この驚くべき結果は、地球に水がもたらされた経緯を探る重要な意味を持つ。

イトカワは火星と木星の間では一般的な岩石質のS型小惑星で、もともとの母天体が衝突によって破砕、その後集積して小惑星となる際に熱によって水素が奪われ、水を持たなくなったと考えられている。はやぶさが持ち帰った1500個余りのサンプルは、世界中で現在もさまざまな分析が続けられている。

地球誕生の起源や、地球の水や生命誕生の起源にはまだまだ謎が残されており、その解明には、現在JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が探査中の小惑星リュウグウより持ち帰るサンプルや、アリゾナ州立大学とNASAゴダード宇宙飛行センターの共同チームの小惑星探査機「OSIRIS-REx(オサイリス・レックス)」が探査中の小惑星ベンヌより持ち帰るサンプルから得られる情報が大きいことが予想され、それぞれの帰還に注目が集まっている。はやぶさ2は2020年の年末頃、2023年9月に地球に帰還する予定。両チームは互いに成果を上げる意味ではライバルという関係はあるが、両小型探査機が採取したサンプルは互いに提供して研究をすすめる協定を結んでおり、地球の水誕生のルーツが明らかになる日も近いかもしれない。


関連する記事

アーカイブス

全国の小中学校で新生活様式に対応した水対策加速

全国の小中学校で新生活様式に対応した設備・水対策が加速 (参照:(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使 [&he・・・

記事全文

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水がよみがえる 中学生の提案で

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水を再整備、池の透明度3倍に 中学生の提案 (参照: 文化庁 京都の近代化に貢 [&he・・・

記事全文

アサヒ 工場排水からのバイオガスを活用した長時間連続発電に成功

アサヒ 工場排水から発生するバイオガスで長時間連続発電に成功 (参照:宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反 [&he・・・

記事全文

西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発

西松建設(株) 水中ポンプ無人監視システム「Newt」開発 トンネル工事の湧水対策で (参照:クボタ機工(株) [&he・・・

記事全文

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR