FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

[ 2019/07/11 ]


FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ
(参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験)


image from FullDepth公式Twitter

筑波大学発のスタートアップ企業「FullDepth(フルデプス)」は、第三者割当増資で計3億4千万円を調達に成功、水中を探査するドローンの量産を本格的にスタートさせる見通し。2020年5月期に約100台を生産、6月には東京都内で開発と営業の拠点を設ける計画だ。

同社が出がける水中ドローンは本体にカメラを内蔵し、Full HDで撮影した動画はインターネット経由でリアルタイムで確認することができる。これにより離れた場所にいる技術者が画像を確認、遠隔操作で作業が行えるようになるという。音波を活用した装置も備えあれており、水中の視界が悪いときでも物体をとらえることができる。

本体重量は25~35kg程度で、人手で水中にドローンを投下して作業する。水中探査はインフラ設備の点検や海底資源の調査、漁礁や定置網の点検など、水中ドローンの活躍が期待される用途は広い。水中ドローンをうまく使うことができれば、人員の削減や安全性の確保、設備投資費用の削減などが見込まれる。

FullDepthはこれまで、販売ではなくレンタルとしてドローンを取り扱ってきた。機体のコントローラーは操作性を考慮し、市販のゲームコントローラーを採用するなど、独自の視点でのものづくりを行っているところも興味深い。水中ドローンの活用による上下水道やダムなどのインフラの点検は、世界的にも進みつつある分野。取り扱う企業も増え、今後、生き残りをかけた切磋琢磨が見られそうだ。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR