FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

[ 2019/07/11 ]


FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ
(参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験)


image from FullDepth公式Twitter

筑波大学発のスタートアップ企業「FullDepth(フルデプス)」は、第三者割当増資で計3億4千万円を調達に成功、水中を探査するドローンの量産を本格的にスタートさせる見通し。2020年5月期に約100台を生産、6月には東京都内で開発と営業の拠点を設ける計画だ。

同社が出がける水中ドローンは本体にカメラを内蔵し、Full HDで撮影した動画はインターネット経由でリアルタイムで確認することができる。これにより離れた場所にいる技術者が画像を確認、遠隔操作で作業が行えるようになるという。音波を活用した装置も備えあれており、水中の視界が悪いときでも物体をとらえることができる。

本体重量は25~35kg程度で、人手で水中にドローンを投下して作業する。水中探査はインフラ設備の点検や海底資源の調査、漁礁や定置網の点検など、水中ドローンの活躍が期待される用途は広い。水中ドローンをうまく使うことができれば、人員の削減や安全性の確保、設備投資費用の削減などが見込まれる。

FullDepthはこれまで、販売ではなくレンタルとしてドローンを取り扱ってきた。機体のコントローラーは操作性を考慮し、市販のゲームコントローラーを採用するなど、独自の視点でのものづくりを行っているところも興味深い。水中ドローンの活用による上下水道やダムなどのインフラの点検は、世界的にも進みつつある分野。取り扱う企業も増え、今後、生き残りをかけた切磋琢磨が見られそうだ。


関連する記事

アーカイブス

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が下がりすぎた問題で法改正へ

環境省 瀬戸内海の「きれいになり過ぎた」問題で法改正へ 水域を分けて対策 (参照:長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解・・・

記事全文

日本地下水開発(株) 地中熱で雪国に適した省エネ冷暖房を開発

日本地下水開発(株) 地中熱で省エネ冷暖房を開発 病院などへ導入を目指す(参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着・・・

記事全文

(株)サイバード 自由販売機でおそ松さん「松犬」コラボ「おさんぽ水」販売へ

(株)サイバード 自由販売機でアニメ「おそ松さん」とコラボ「おさんぽ水」販売へ(参照:(一社)日本アクアソムリエ協会 水・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR