栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

[ 2019/07/16 ]


栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用
(参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究)


image from 栃木県の公式サイト

栃木県は、県が主体となって整備した農地を中心に、2019年度から地下の排水設備を給水にも活用し、露地野菜の栽培を省力化させる予定だと発表した。「栃木県型地下かんがいシステム」と名付けられたこの設備は、現在、県が整備した土地のうち、排水性が悪い水田の地下に設置している「暗きょ排水」を活用するというもの。現在の暗きょ排水は、水田の排水のみに特化しているが、システムに調整器を取りつけることで、排水だけでなく給水もできるようにする。

既存の排水設備を活用することで、水管理の省力化が狙えるという。栃木県はこの新しいシステムを活用して、水田での露地野菜の生産拡大につなげたい考えだ。新システムでの収量や品質などへの影響は、2021年度まで実証試験を継続して行う。実証試験は県内1カ所の農地で行い、公募で決定される予定だ。

栃木県は、コメの生産よりも野菜は手間や生産コストがかかるという印象を払拭し、低コストでの露地野菜栽培を促進したい考えだ。栃木県の園芸振興に役立てたいとしているが、水田地下の状態によっては新システムが活用できない土地もあり、県が管理している7500ヘクタールの水田のうち、どの程度で活用できるかを早急に把握する必要があるだろう。


関連する記事

アーカイブス

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで

2020年世界水週間 COVID-19により開催中止 (参照:2020年ストックホルム水大賞 ジョン・チェリー [&he・・・

記事全文

八ッ場ダム 水陸両用バス納車 両用バス群馬県初導入

八ッ場ダム 群馬県水陸両用バス初導入 納車完了 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR