栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

[ 2019/07/16 ]


栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用
(参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究)


image from 栃木県の公式サイト

栃木県は、県が主体となって整備した農地を中心に、2019年度から地下の排水設備を給水にも活用し、露地野菜の栽培を省力化させる予定だと発表した。「栃木県型地下かんがいシステム」と名付けられたこの設備は、現在、県が整備した土地のうち、排水性が悪い水田の地下に設置している「暗きょ排水」を活用するというもの。現在の暗きょ排水は、水田の排水のみに特化しているが、システムに調整器を取りつけることで、排水だけでなく給水もできるようにする。

既存の排水設備を活用することで、水管理の省力化が狙えるという。栃木県はこの新しいシステムを活用して、水田での露地野菜の生産拡大につなげたい考えだ。新システムでの収量や品質などへの影響は、2021年度まで実証試験を継続して行う。実証試験は県内1カ所の農地で行い、公募で決定される予定だ。

栃木県は、コメの生産よりも野菜は手間や生産コストがかかるという印象を払拭し、低コストでの露地野菜栽培を促進したい考えだ。栃木県の園芸振興に役立てたいとしているが、水田地下の状態によっては新システムが活用できない土地もあり、県が管理している7500ヘクタールの水田のうち、どの程度で活用できるかを早急に把握する必要があるだろう。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR