栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

[ 2019/07/16 ]


栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用
(参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究)


image from 栃木県の公式サイト

栃木県は、県が主体となって整備した農地を中心に、2019年度から地下の排水設備を給水にも活用し、露地野菜の栽培を省力化させる予定だと発表した。「栃木県型地下かんがいシステム」と名付けられたこの設備は、現在、県が整備した土地のうち、排水性が悪い水田の地下に設置している「暗きょ排水」を活用するというもの。現在の暗きょ排水は、水田の排水のみに特化しているが、システムに調整器を取りつけることで、排水だけでなく給水もできるようにする。

既存の排水設備を活用することで、水管理の省力化が狙えるという。栃木県はこの新しいシステムを活用して、水田での露地野菜の生産拡大につなげたい考えだ。新システムでの収量や品質などへの影響は、2021年度まで実証試験を継続して行う。実証試験は県内1カ所の農地で行い、公募で決定される予定だ。

栃木県は、コメの生産よりも野菜は手間や生産コストがかかるという印象を払拭し、低コストでの露地野菜栽培を促進したい考えだ。栃木県の園芸振興に役立てたいとしているが、水田地下の状態によっては新システムが活用できない土地もあり、県が管理している7500ヘクタールの水田のうち、どの程度で活用できるかを早急に把握する必要があるだろう。


関連する記事

アーカイブス

アンドエレファント(株) 水のみで除菌清掃する「SteamGo」販売開始

アンドエレファント(株) 水で除菌清掃する「SteamGo」販売開始 量販店で (参照:日立 10月に高硬度水 [&he・・・

記事全文

(株)ジェイテクト 新規事業J-WeLLをスタート インドで水管理ソリューション展開

(株)ジェイテクト 新規事業水管理ソリューションJ-WeLLをインドでスタート (参照:インド 大雨や洪水の対 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR