埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

[ 2019/07/26 ]


埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始
(参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ)


image from Pixabay

日本の8県の「海なし県」のうちの1つである埼玉県は、海洋に流出するマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみの実態調査を開始した。第1回は、川越市を通る新河岸川で行われ、川にオイルフェンスを設置してゴミをせき止め、集まったゴミを回収するというもの。第2回は上尾市の鴨川で行われる。第1回では、新河岸川の周辺ごみと合わせて集計され、ペットボトル45本、レジ袋55枚、プラスチック製容器103個が回収されたという。

埼玉県が行っている川のプラごみ調査は、どのようなプラごみが出るのか、プラごみがどれだけ川に捨てられているのかという実態を地域住民に知ってもらうことを目的としており、今後はそれらのデータを活かして啓発活動を行っていく予定だ。

世界中から海に流れ込んでいるとされる800万トンのプラスチックごみは、微細に砕けてマイクロプラスチックとなり、飲み込んだ魚介を食べることによって人にも悪影響を及ぼすとされている。プラスチック製ストローの廃止やゴミ袋の有料化など、各国の対策が進む中、現状を理解するには海に繋がる川の調査は理にかなっていると言える。埼玉県は今後、埼玉県内を通る荒川、江戸川、中川、新河岸川、綾瀬川の五河川の計10か所で調査を行うことを予定している。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR