埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

[ 2019/07/26 ]


埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始
(参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ)


image from Pixabay

日本の8県の「海なし県」のうちの1つである埼玉県は、海洋に流出するマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみの実態調査を開始した。第1回は、川越市を通る新河岸川で行われ、川にオイルフェンスを設置してゴミをせき止め、集まったゴミを回収するというもの。第2回は上尾市の鴨川で行われる。第1回では、新河岸川の周辺ごみと合わせて集計され、ペットボトル45本、レジ袋55枚、プラスチック製容器103個が回収されたという。

埼玉県が行っている川のプラごみ調査は、どのようなプラごみが出るのか、プラごみがどれだけ川に捨てられているのかという実態を地域住民に知ってもらうことを目的としており、今後はそれらのデータを活かして啓発活動を行っていく予定だ。

世界中から海に流れ込んでいるとされる800万トンのプラスチックごみは、微細に砕けてマイクロプラスチックとなり、飲み込んだ魚介を食べることによって人にも悪影響を及ぼすとされている。プラスチック製ストローの廃止やゴミ袋の有料化など、各国の対策が進む中、現状を理解するには海に繋がる川の調査は理にかなっていると言える。埼玉県は今後、埼玉県内を通る荒川、江戸川、中川、新河岸川、綾瀬川の五河川の計10か所で調査を行うことを予定している。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR