未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

[ 2019/08/05 ]


未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発
(参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択)


image from 未来工業のHP

未来工業株式会社株式会社和仁農園は、田んぼに流す水を調整する自動止水装置の共同開発に成功。4月末から正式に製品化し、発売を開始した。今回の開発は、農林水産省の「生産性向上モデル農業確立実証事業」の一環として取り組んだ結果、誕生したという。

田んぼの水管理は、田んぼでの農作業の30%を占めると言われるほど、手間と労力のかかる作業だとされる。これまでは水量確認のために、何度も農家が田んぼの様子を見に行く必要があったが、今回の装置の開発により、そのような手間が不要となる。

自動止水装置「水田当番」は、止水栓と水位計をワイヤでつなぎ、田んぼに固定された水位計で水位を測定する。設定水位まで達すると、止水栓のストッパーが外れて自動で水が止まる仕組みだ。水位は5mm単位で調整でき、5~11cmまで設定が可能。

施工や電源等は一切不要で、塩ビ管の取水口に取りつけるだけで簡単に使うことができるのも魅力の1つ。「水田当番」は、VP100、VU100のサイズの塩ビ管に対応している。小売り価格は1台15,000円(税抜き)で、大手既存メーカーの製品よりも格段に安く、兼業農家でも取り入れやすい価格に設定しているという。日本の農業の省人化を促進させるのに一躍買いそうだ。


関連する記事

アーカイブス

(株)Pale Blue 水の超小型統合推進システムがJAXAの実証テーマに選定

(株)Pale Blue 水の推進システムがJAXAの実証テーマに選定 実証機に搭載へ (参照:(株)島津製作 [&he・・・

記事全文

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR