熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索

[ 2019/09/21 ]


熊本市 地震支援物資の水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索中
(参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ)


image from Pixabay

熊本市危機管理防災総室が明らかにした情報によると、2016年4月に起こった熊本地震の際に、救援物資として全国の自治体や民間団体から寄せられた飲料水が、2019年7月末現在で、約130トンが活用されずに集積されたままとなっているという。130トンのうち120トンはすでに賞味期限が切れた状態で、本来の飲料水としての活用はできないとのこと。

熊本地震発生後、2016年4月末には市内水道は全面復旧できたが、救援物資としての水は6月ごろまで全国から届き、市には680トン以上の水が集まった。現在のこの飲料水は一時保管として、熊本競輪場の敷地内に山積みにされているが、競輪場が2020年1月から改修工事にあたるため、次の保管場所の確保にも難航している。災害物資の水は熊本市東区のはえがお健康スタジアムで保管されていたが、スタジアムの使用再開に伴い、競輪場に移されてきた過去がある。

熊本市の危機管理防災総室は、善意で贈られた水を無駄にはしたくないと活用方法を模索している。現在はまだ有効な解決策が見当たらず、現在は市内小中学校の花壇の水やりや土木関係職員の手洗いや足元の洗浄用として使用してもらえるように呼び掛けている程度。熊本市では、有効な災害備蓄水の活用方法を広く募集している。


関連する記事

アーカイブス

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討

インド・ムンバイ市 大雨や洪水等災害対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討 (参照:三井住友建設(株) カン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR