東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

[ 2020/01/08 ]


2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か 
(参照: サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ)


image from Pixabay

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が、観客の熱中症リスクの軽減のため、競技会場内へのペットボトルの持ち込み容認へ向けて協議を続けていることが分かった。持ち込みが検討されているのは、1人につき1本。

近年、世界規模でのスポーツの大会では、液体によるテロ防止のために、競技会場内へのペットボトル飲料の持ち込みが禁止されることが多い。日本の酷暑を理由に、マラソン及び競歩の競技地移転問題などを受け、ペットボトルの持ち込み容認への動きが本格的に加速したとみられる。

国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサーでるアメリカの飲料大手「コカ・コーラ」が多額の協賛金を支払い、競技会場内での清涼飲料水の独占販売権を獲得していることもあり、同社と権利保護の観点での話し合いが重要となる。東京都では、同社のミネラルウォーターを無料配布する方向で、話し合いに折り合いを付けようとしているとみられ、今後の協議結果に注目が集まる。

世界的なスポーツ大会では、販売業者の権利保護のために、会場内に飲食物の持ち込みを禁止した結果、飲食物が売り切れてしまい苦情に発展するケースもある。今回の東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の決定は、ほかのスポーツ大会においても影響を与えそうだ。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR