2020年度予算 水害対策に6247億円を計上 前年比44%増

[ 2020/02/20 ]


2020年度予算 水害対策に6247億円計上 巨大地震対策や市街地の排水設備の拡充へ
(参照:国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める)


image from 写真AC

2020年度予算案が発表され、水害対策として6247億円が予算計上された。2019年度通常分に対し、44%増となる。計上予算には臨時・特別の措置のための予算も含まれている。

全計上予算のなかで最もボリュームの大きい分野は、南海トラフ地震を含む、発生が予想されている巨大地震への重点的な対策費用で、2303億円を計上。該当地域の公共施設の耐震化、災害時の被災地支援対策、帰宅困難者の受け入れ体制の強化などを目指す。

全国各地で問題視されているインフラの老朽化対策にも予算を大きく取った。災害時の緊急避難路や支援物資の輸送に必要となる橋梁の修繕やメンテナンスを計画。既存インフラの老朽化対策の拡充には、2223億円を計上した。予算案には地方公共団体が実施するメンテナンス事業に対し、個別の補助制度を創設することも盛り込まれている。

そのほかに、スーパー堤防と呼ばれる高規格堤防の整備や災害時の早期復旧対策のための市街地の排水設備の拡充、河川の掘削費用などが盛り込まれ、102億円を計上。近年増加傾向の集中豪雨などによる土砂災害対策には、1309億円を計上している。2019年度事前放流について賛否が起こったダム問題については、既存ダムの有効活用を最優先とした。利水ダムの事前放流による損失補填は、新制度の創設が検討されることとなった。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR