2020年度予算 水害対策に6247億円を計上 前年比44%増

[ 2020/02/20 ]


2020年度予算 水害対策に6247億円計上 巨大地震対策や市街地の排水設備の拡充へ
(参照:国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める)


image from 写真AC

2020年度予算案が発表され、水害対策として6247億円が予算計上された。2019年度通常分に対し、44%増となる。計上予算には臨時・特別の措置のための予算も含まれている。

全計上予算のなかで最もボリュームの大きい分野は、南海トラフ地震を含む、発生が予想されている巨大地震への重点的な対策費用で、2303億円を計上。該当地域の公共施設の耐震化、災害時の被災地支援対策、帰宅困難者の受け入れ体制の強化などを目指す。

全国各地で問題視されているインフラの老朽化対策にも予算を大きく取った。災害時の緊急避難路や支援物資の輸送に必要となる橋梁の修繕やメンテナンスを計画。既存インフラの老朽化対策の拡充には、2223億円を計上した。予算案には地方公共団体が実施するメンテナンス事業に対し、個別の補助制度を創設することも盛り込まれている。

そのほかに、スーパー堤防と呼ばれる高規格堤防の整備や災害時の早期復旧対策のための市街地の排水設備の拡充、河川の掘削費用などが盛り込まれ、102億円を計上。近年増加傾向の集中豪雨などによる土砂災害対策には、1309億円を計上している。2019年度事前放流について賛否が起こったダム問題については、既存ダムの有効活用を最優先とした。利水ダムの事前放流による損失補填は、新制度の創設が検討されることとなった。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR