2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

[ 2020/03/04 ]


2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか
(参照:宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行)


image from 北陸地方整備局信濃川下流河川事務所ウェブサイト

国土交通省が創設した「かわまち大賞」の2019年度の受賞対象が決定した。2019年度の対象は、新潟県新潟市の「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」で、信濃川の河川敷を利用したにぎわい作りによる経済効果が評価された。同じく大賞に、岐阜県美濃加茂市の「美濃加茂地区かわまちづくり」も受賞している。

なかでも今回注目されているのが、「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」だ。抜ゼロ地域の多い新潟市のなかでも、信濃川本川下流の堤防や護岸が、長年の地盤沈下などの影響で老朽化が進み、洪水になると危険な状態にあることから、防災対策の1つとして堤防を施策が行われた。川底を掘り下げると同時に堤防を築き、災害に備えるというごく一般的な考えからスタートした工事だ。

やすらぎ堤が評価されたのはその後の取組みで、北陸地方整備局や新潟市、スノーピークなど民間団体で構成する「ミズベリングやすらぎ堤研究会」が築いた堤防を中心にまちづくりを進めている。堤防のオープンスペースを利用してイベントが開催されるなどで、やすらぎ堤への来場者が増加、2年間で売り上げを15%以上伸ばした。官民共同での取り組み、その効果などは高く評価されるに値し、「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」は、日本各地での環境整備のあり方を左右する存在だと言えるだろう。


関連する記事

アーカイブス

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで

2020年世界水週間 COVID-19により開催中止 (参照:2020年ストックホルム水大賞 ジョン・チェリー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR