名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

[ 2020/03/09 ]


名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発
(参照:神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ


image from Pixabay

名古屋大学(大野雄高教授ら)と九州大学(吾郷浩樹教授ら)の両グループは、1滴の水滴から5ボルトを超える発電が可能な素子を開発したことを発表した。両研究グループは、半導体の材料である「二硫化モリブデン」をサファイアの基板上に1層のシートとして広げ、プラスチックフィルムに転写、おおよそ3~4cmサイズの素子を傾けて水滴を垂らすと、断続的に発電できたという。実験では電圧は5~8ボルトを計測、これまでできなかった電子機器を動かせる程度の発電が成功した。

二硫化モリブデンは層状物質であり、大面積の基板に薄く均一に成長させるのは難しいとされてきた。大面積でフィルムに転写するのも困難を極めるのだが、両グループは二硫化モリブデンの成膜技術を高め、ポリスチレンフィルムを用いた表面エネルギーの違いによってフィルムへの転写を成功させるなど、さまざまな技術を向上させたことに大きな意味がある。

これまでは、炭素原子のシート状物質であるグラフェンの表面に水を垂らすと発電することが分かっていたが、電子機器を動かすほどの電圧は得られなかった。今回の実験の成功により、研究がこのまますすめば、多量の水流を使用しなくても、工場の配管や上下水道など、ほんのわずかな水流でも発電が可能になることが予想され、水力を利用した発電がまた一歩新しいステージへすすみそうだ。両研究グループは今回の発電の成功を受け、数年後を目処に実用化したいとしている。


関連する記事

アーカイブス

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発 ヘアケア剤投入もOK (参照:(株)Gloture 自動で・・・

記事全文

(株)エルム 全国初、廃校のプールで水上太陽光発電

(株)エルム 全国初、廃校のプールで水上太陽光発電 プールサイドで通電式 (参照:岩手県立種市高等学校 潜水実習用の機材・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR