名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

[ 2020/03/09 ]


名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発
(参照:神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ


image from Pixabay

名古屋大学(大野雄高教授ら)と九州大学(吾郷浩樹教授ら)の両グループは、1滴の水滴から5ボルトを超える発電が可能な素子を開発したことを発表した。両研究グループは、半導体の材料である「二硫化モリブデン」をサファイアの基板上に1層のシートとして広げ、プラスチックフィルムに転写、おおよそ3~4cmサイズの素子を傾けて水滴を垂らすと、断続的に発電できたという。実験では電圧は5~8ボルトを計測、これまでできなかった電子機器を動かせる程度の発電が成功した。

二硫化モリブデンは層状物質であり、大面積の基板に薄く均一に成長させるのは難しいとされてきた。大面積でフィルムに転写するのも困難を極めるのだが、両グループは二硫化モリブデンの成膜技術を高め、ポリスチレンフィルムを用いた表面エネルギーの違いによってフィルムへの転写を成功させるなど、さまざまな技術を向上させたことに大きな意味がある。

これまでは、炭素原子のシート状物質であるグラフェンの表面に水を垂らすと発電することが分かっていたが、電子機器を動かすほどの電圧は得られなかった。今回の実験の成功により、研究がこのまますすめば、多量の水流を使用しなくても、工場の配管や上下水道など、ほんのわずかな水流でも発電が可能になることが予想され、水力を利用した発電がまた一歩新しいステージへすすみそうだ。両研究グループは今回の発電の成功を受け、数年後を目処に実用化したいとしている。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR