川崎市 水道事業などの3ヵ年計画の改定案を発表 世界の水ビジネス市場に進出する方針を盛り込む

[ 2010/12/18 ]


2010年12月10日、川崎市では水道事業などの3ヵ年計画の改定案を発表した。この改定案では、新たに世界の水ビジネス市場に進出する方針を盛り込んだものとなった今後は市民からの意見を求めるパブリックコメントを21日より開始する。

今回、川崎市が発表した改定計画案は、水道事業の中期展望、同再構築計画、工業用水道事業の中期展望、同再構築計画となっている。水道事業においては同市でも節水や人口減少などによる水需要の減少に対し、現在の供給能力が過剰となることが予想される。これは、水道インフラ設備を維持するための水道収入が減少するという問題を抱えているということであり、全国の自治体の多くが共通して抱える問題でもある。(参考:日本総合研究所 全国自治体に、今後の上水道事業の経営課題をアンケート調査

この問題の打開策として、今回の改定案では、新興国の水需要の増加や、地球温暖化による気候変動などによって生じる水問題が多発していることに対し、その解決のノウハウを提供することで、世界の水ビジネス市場へ進出することを盛り込んだものとなっている。今後は専門家を各国に派遣し、また各国からの研修員を受け入れていく方針だ。

これまでも、他の自治体に遅れることなく川崎市は海外水ビジネス市場への展開への動きを見せており(参考:各自治体の水道局 東洋エンジニアリング、三菱商事など、企業と連携による「水ビジネス」の海外進出加速 収益基盤強化へ)、今回の改定案により、その動きに一層の加速がかかることが予想される。


関連する記事

アーカイブス

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR