国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

[ 2020/03/11 ]


国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ
(参照: 国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める)


image from Pixabay

国土交通省は、洪水対策としてダムの水量と発電容量についての新たな仕組み作りへ着手することを決めた。新しく検討されている制度が確立すると、電力会社は、現在水力発電量としているダムの容量を洪水対策用に減らした場合でも、減った分の発電容量を別のダムに付け替えできるようになるという。

現行では、発電用の容量を減らして治水に回した場合に金銭補償の制度があるが、長期的な視点で考えた際に電力会社の収益が低下することが懸念され、大雨災害への備えに二の足を踏んでいる状態だった。今回検討されている制度が実施されるようになると、ダムの治水能力を高めることができるだけでなく、電力会社の収益低下も免れるようになる。

現在の法律でも治水に振り替えて発電容量を付け替えすることはできるが、ガイドラインなどがなく、実施されているダムはないという。国土交通省は治水対策の1つとして、制度を設けて明確化することで事業者の協力を仰ぎたいとしている。発電容量の付け替えは、異なる水系のダム同士でも可能とすることも盛り込まれる予定だ。減収への懸念が払拭されることで、制度に協力する電力会社が増えることが予想され、災害対策の強化に大きな期待が寄せられている。


関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR