鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

[ 2020/03/20 ]


鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発
(参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート)


image from yp07さんによる写真ACからの写真”>写真AC

2020年2月19日、三重県鳥羽市の大型水族館「鳥羽水族館」は、龍谷大学沖縄県環境科学センターの協力で、海水からジュゴンの生息が確認できる新しい調査法を開発したことを発表した。新しい調査方法は「PCRプライマーセット」と呼ばれ、生物が水中に放出したフンや尿、粘液などからDNAを検出し、その存在を把握する「環境DNA分析」と呼ばれるものがベースとなっており、特定のDNAを増幅させて調査を行う。「環境DNA分析」は、これまでも龍谷大学が研究してきた。

ジュゴンは環境省のレッドリストに絶滅危惧1A類として指定されている。従来は、ジュゴンのかみ痕のモニタリングや航空機を使っての生態確認調査などを行ってきたが、費用と手間がかかってしまうことがネックであった。今回の調査方法では、海水を採取するだけで調査が行えるようになり、コストが大幅に削減できるという。

鳥羽水族館では国内で唯一ジュゴンを飼育しており、飼育しているジュゴンの毛根や実際に飼育している水槽の海水を使用して実験が行われた。2019年3月に沖縄県で行われた調査結果から、活用が可能と実証された。「PCRプライマーセット」を用いた調査は生きている個体だけでなく、死骸でも反応を示すという。ジュゴンに姿が似ているマナティーとも判別が可能で、今後ジュゴンの保護活動に大きく貢献されることが期待されている。


関連する記事

アーカイブス

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで

2020年世界水週間 COVID-19により開催中止 (参照:2020年ストックホルム水大賞 ジョン・チェリー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR