大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

[ 2020/03/23 ]


大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発 
(参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発)


image from 大成建設株式会社公式HPより

大成建設株式会社は、地下水環境基準指定の汚染物質を同時に分解できる分解菌「N23株」を独自に開発したことを発表した。複数の地下水汚染物質を同時に分解することができる単一菌株による微生物浄化は世界初となる。

国が定めた「地下水の水質汚濁に係る環境基準」では、28項目の汚染物質のうち7項目が有機性化学物質となっている。地域によっては、平成29年に土壌環境基準に新たに登録され対策が求められているクロロエチレンや1,4-ジオキサンなどの有機性化学物質が広範囲に汚染を引き起こしているとされるところもあり、汚染地下水は早急な浄化が求められている。

従来の浄化方法は、汚染地下水を汲み上げ、浄化作用の強い酸化剤を用いることによる促進酸化法が有効とされてきた。促進酸化法は浄化作用は強いが、コストの高さやCO2排出量の多さなどが問題視されてきた。N23株を活用した微生物による浄化がすすめば、これまでよりもコストは最大半分程度削減できる上、浄化の際に発生するCO2量の削減も可能で、環境負荷の低減にもつながる。大成建設株式会社の発表によると、複数の有機性化学物質を同時分解することが可能であるため、分解にかかる時間も短く済ませられるようになるという。同社は、N23株の浄化性能試験でその有効性の確認が取れため、N23株による浄化技術のシステム化を図りたいとしている。


関連する記事

アーカイブス

米CMEグループとナスダック 2020年内にも水の先物取引を立ち上げ予定

米CMEグループとナスダック 水の先物取引誕生なるか 2020年内立ち上げ計画 (参照:2020年の世界水週間 [&he・・・

記事全文

Microsoft 水中データセンターを引き上げ 試験結果を公表

Microsoft 水中データセンター「Northern Isles」を2年ぶりに引き上げ 試験結果を公表 ( [&he・・・

記事全文

(一社)日本アクアソムリエ協会 水関連の認証制度「JAPAN AQUA AWARDS」開催

(一社)日本アクアソムリエ協会 日本初、水関連・サービスの認証制度を実施 (参照:無印良品 「自分で詰める水の [&he・・・

記事全文

株式会社Gloture スマホで管理でWOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始きるペット用循環式UV給水器を発売

株式会社Gloture ペット用循環式UV給水器「Petoneer Fresco Ultra」を発売 (参照: [&he・・・

記事全文

アップル社 シンガポール出店3店目は水上のアップルストア

米アップル社 水上のアップルストア、シンガポールにオープン (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発 [&he・・・

記事全文

神戸大学大学院ほか研究グループ 釧路湿原の水からキタサンショウウオのDNAを検出

神戸大学大学院ほか研究グループ 環境DNAで釧路湿原の水からキタサンショウウオ検出 (参照:日本水産・弓ヶ浜水 [&he・・・

記事全文

香港のスタートアップ企業 水に溶けるビニール袋を開発

スタートアップ企業Distinctive Action 水に溶けるビニール袋#INVISIBLEBAGを開発 [&he・・・

記事全文

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収 、販売権も一部取得 (参照:(株)JR東日本ウォータ [&he・・・

記事全文

インタービジネスブリッジ 「Water Billy」から「ウォーターガンブレラ」を発売

ンタービジネスブリッジ 水鉄砲傘「ウォーターガンブレラ」を発売 (参照:(株)タカラトミーアーツ コースが作れ [&he・・・

記事全文

全国の小中学校で新生活様式に対応した水対策加速

全国の小中学校で新生活様式に対応した設備・水対策が加速 (参照:(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR