大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

[ 2020/03/23 ]


大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発 
(参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発)


image from 大成建設株式会社公式HPより

大成建設株式会社は、地下水環境基準指定の汚染物質を同時に分解できる分解菌「N23株」を独自に開発したことを発表した。複数の地下水汚染物質を同時に分解することができる単一菌株による微生物浄化は世界初となる。

国が定めた「地下水の水質汚濁に係る環境基準」では、28項目の汚染物質のうち7項目が有機性化学物質となっている。地域によっては、平成29年に土壌環境基準に新たに登録され対策が求められているクロロエチレンや1,4-ジオキサンなどの有機性化学物質が広範囲に汚染を引き起こしているとされるところもあり、汚染地下水は早急な浄化が求められている。

従来の浄化方法は、汚染地下水を汲み上げ、浄化作用の強い酸化剤を用いることによる促進酸化法が有効とされてきた。促進酸化法は浄化作用は強いが、コストの高さやCO2排出量の多さなどが問題視されてきた。N23株を活用した微生物による浄化がすすめば、これまでよりもコストは最大半分程度削減できる上、浄化の際に発生するCO2量の削減も可能で、環境負荷の低減にもつながる。大成建設株式会社の発表によると、複数の有機性化学物質を同時分解することが可能であるため、分解にかかる時間も短く済ませられるようになるという。同社は、N23株の浄化性能試験でその有効性の確認が取れため、N23株による浄化技術のシステム化を図りたいとしている。


関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR