パテント・リザルト、バラスト水処理技術、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップは三井造船、続いて日立製作所、三菱重工業

[ 2010/12/20 ]


2010年12月21日、企業の経営データ分析、調査会社である株式会社パテント・リザルトから、バラスト水処理技術について、国内の特許総合力調査の結果が発表された。バラスと水とは船が出港する際に、安定を保つためにその港から船体に取水し、それを到着した先の港で排水するものだ。現在、このバラスト水による環境汚染が国際的な問題となっている。

船の航行によるバラスト水の移動は、システムは外来生物種をバラスト水とともに持ち込むことで、入港先の生態系バランスを崩してしまうことが問題となっている。このような問題を受け、国際海事機関(IMO)は「バラスト水管理条約」を採択しており、条約批准国の船舶については、バラスト水処理装置の搭載が義務付けらるようになっている。この条約による動きは、船舶会社、ろ過膜技術を持つ企業などにとり大きなビジネスチャンスと考えられている。(参考:双日子会社、双日マリンアンドエンジニアリングが船舶用バラスト水処理装置販売を本格展開株式会社モノベエンジニアリング 船舶バラスト水の浄化用、バネ式フィルターの開発に成功)尚、本調査結果のデータは同社から販売される。

今回の同社の調査では、同社の独自評価方法である「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を実施。その結果、トップに、三井造船、2位が日立製作所、3位が三菱重工業となった。
トップのた三井造船は、特許出願の時期は出遅れがあったものの、その数が圧倒的である。出願件数は同順位で2位のJFEエンジニアリングの約2倍となっている。これは、三井造船がバラスト水処理技術に対し積極的な特許戦略をとっていることが考えられる。この取り組みは同社がIMOの基本承認を早期に受けている要因の一つであると考察できる。


関連する記事

アーカイブス

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR