パテント・リザルト、バラスト水処理技術、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップは三井造船、続いて日立製作所、三菱重工業

[ 2010/12/20 ]


2010年12月21日、企業の経営データ分析、調査会社である株式会社パテント・リザルトから、バラスト水処理技術について、国内の特許総合力調査の結果が発表された。バラスと水とは船が出港する際に、安定を保つためにその港から船体に取水し、それを到着した先の港で排水するものだ。現在、このバラスト水による環境汚染が国際的な問題となっている。

船の航行によるバラスト水の移動は、システムは外来生物種をバラスト水とともに持ち込むことで、入港先の生態系バランスを崩してしまうことが問題となっている。このような問題を受け、国際海事機関(IMO)は「バラスト水管理条約」を採択しており、条約批准国の船舶については、バラスト水処理装置の搭載が義務付けらるようになっている。この条約による動きは、船舶会社、ろ過膜技術を持つ企業などにとり大きなビジネスチャンスと考えられている。(参考:双日子会社、双日マリンアンドエンジニアリングが船舶用バラスト水処理装置販売を本格展開株式会社モノベエンジニアリング 船舶バラスト水の浄化用、バネ式フィルターの開発に成功)尚、本調査結果のデータは同社から販売される。

今回の同社の調査では、同社の独自評価方法である「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を実施。その結果、トップに、三井造船、2位が日立製作所、3位が三菱重工業となった。
トップのた三井造船は、特許出願の時期は出遅れがあったものの、その数が圧倒的である。出願件数は同順位で2位のJFEエンジニアリングの約2倍となっている。これは、三井造船がバラスト水処理技術に対し積極的な特許戦略をとっていることが考えられる。この取り組みは同社がIMOの基本承認を早期に受けている要因の一つであると考察できる。


関連する記事

アーカイブス

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発 ヘアケア剤投入もOK (参照:(株)Gloture 自動で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR