明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

[ 2020/06/15 ]


明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力
(参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す)


image from 兵庫県HPより

明石市では、地元漁業関係者で豊かな海の再生を願い、海底耕運が進められている。海底耕運は、現在日本全国の海で行われているが、兵庫県での海底耕運事業は10年以上に渡っており、年間のべ隻数でも全国トップクラスだ。海底耕運とは専用の鉄製器具を用いて行われる。漁船からロープにつないだ器具を海底へ落とし、器具で海底の堆積物をかくはん、海底に沈んだ栄養分を海水内に放出する。

瀬戸内海は高度成長期に見せた海の濁りや汚れがその後の技術革新で劇的に改善されたが、それと反比例するようにイカナゴの稚魚の不漁や、海苔の色落ちなどが目立つようになってきた。兵庫県にある県立水産技術センターが中心となった調査では、イカナゴの不漁や海苔の色落ちの原因は、劇的に「キレイになりすぎた」海水にあるという結果が出された。キレイになりすぎた海には、数多くの生物の成長に必要とされる窒素やリンなどが不足しているという。

兵庫県に置ける海底耕運事業は2007年ごろからスタートし、地元の漁業者の協力のもと現在も積極的に行われている。2021年の秋には兵庫県明石市で「全国豊かな海づくり大会」が開催される予定もあることから、兵庫県では、2019年に海底耕運事業に関わる補正予算を組んで本格的に瀬戸内海の質改善に乗り出している。


関連する記事

アーカイブス

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR