明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

[ 2020/06/15 ]


明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力
(参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す)


image from 兵庫県HPより

明石市では、地元漁業関係者で豊かな海の再生を願い、海底耕運が進められている。海底耕運は、現在日本全国の海で行われているが、兵庫県での海底耕運事業は10年以上に渡っており、年間のべ隻数でも全国トップクラスだ。海底耕運とは専用の鉄製器具を用いて行われる。漁船からロープにつないだ器具を海底へ落とし、器具で海底の堆積物をかくはん、海底に沈んだ栄養分を海水内に放出する。

瀬戸内海は高度成長期に見せた海の濁りや汚れがその後の技術革新で劇的に改善されたが、それと反比例するようにイカナゴの稚魚の不漁や、海苔の色落ちなどが目立つようになってきた。兵庫県にある県立水産技術センターが中心となった調査では、イカナゴの不漁や海苔の色落ちの原因は、劇的に「キレイになりすぎた」海水にあるという結果が出された。キレイになりすぎた海には、数多くの生物の成長に必要とされる窒素やリンなどが不足しているという。

兵庫県に置ける海底耕運事業は2007年ごろからスタートし、地元の漁業者の協力のもと現在も積極的に行われている。2021年の秋には兵庫県明石市で「全国豊かな海づくり大会」が開催される予定もあることから、兵庫県では、2019年に海底耕運事業に関わる補正予算を組んで本格的に瀬戸内海の質改善に乗り出している。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR