開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

[ 2020/07/06 ]


神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動
(参照:大阪市 コンセッション方式で水道管交換へ 22年度民間運営を目指す


image from 開成町公式HPより

神奈川県開成町の新庁舎が完成、2020年5月7日より共用始動する。新庁舎は空調の熱源に地下水を使用した低炭素型の建物で、国が基準を設定している「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」に認証された。自治体庁舎でZEBに認証されたのは、開成町の新庁舎が全国初となる。ZEBは高断熱化や日射の遮断、自然エネルギーの活用などで、通常よりも消費エネルギーを削減した建物に認証され、判定される省エネ基準は厳しいとされている。

開成町の新庁舎は、7本のパイプを庁舎の地下50~100メートル程度まで掘り下げて挿入し、吸い上げた地下水を熱交換して空調に取り込むというもの。熱源となる地下水は常時水温が18度となっており、夏場は庁舎の温度を28度、冬場は19度に設定して電気代の削減に努める。述べ3,900㎡にも及ぶ新庁舎は、鉄筋作りだが内装には木材を多様、猛暑対策としてひさしを設置するほか、天窓には反射材を設置して採光しながら熱だけを遮断するという技術を導入している。庁舎で使用する電力の約1/5以上は屋上に設置した太陽光パネルで発電した電力で賄う予定で、新庁舎だけで年間143トンの二酸化炭素発生量を抑制する効果があるとされる。

開成町の新庁舎は、総工費25億円をかけて建設された。開成町によると、新庁舎は災害拠点としての機能も持つため、巨大地震が発生した際でも業務を継続できるように、免震構造にも力を入れているという。


関連する記事

アーカイブス

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

(株)Gloture 自動で水やりしてくれるスマート水耕栽培プランターを販売へ

(株)Gloture スマート水耕栽培プランター「Botanium」販売 自社ECサイトで (参考:(株)竹中工務店ら ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR