岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

[ 2020/07/30 ]


岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で
(参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに)


image from 岡山理科大学のHPより

2020年5月27日、岡山理科大学は人工飼育水で育てたウナギの加工品をお中元向けの商品として販売する予定であること発表した。販売される商品は、かば焼き用やうな丼用の「飯の素(めしのもと)」と、ひつまぶしなどに使える「茶漬けの素」の計3食分をセットにした「おかやま理大うなぎ御膳」(商品名)で、販売価格は5,400円。天満屋とタイアップしたもので、すでに天満屋のオンラインショップでは予約を受け付けしており、2020年6月5日からは天満屋岡山店でも店頭予約をスタートさせるとのこと。販売予定セット数は3000セット。

ウナギの養殖に使用された人工飼育水は、2006年に同大学の工学部で開発された好適環境水で、真水にナトリウム、カリウムなどを混ぜることで、魚が病気にかかりにくく、成長スピードも早めることができるというもの。岡山理科大学はこれまでにも好適環境水でマグロやトラフグ10種類以上の養殖を成功させており、現在はモンゴルでハタも養殖中だ。

同大学では、2012年からウナギの養殖をはじめている。今回の商品に使用されたウナギは約770尾で200キロ。平均全長約60センチ、平均魚体重約250グラムに育ったものを出荷し、加工は岡山県漁業協同組合連合会が担当した。今後は、コストの削減が課題とされ、大学は水槽の数を増やしてサイズを細分化し、生存率を高めて数を増やしたいとしている。


関連する記事

アーカイブス

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検、AI検知ツールで効率化へ (参照:)[ 2020/09/28 ]

記事全文

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR