三菱レイヨン 中国水ビジネス市場、下排水処理分野進出に向け、同国大手企業と合弁会社設立の覚書締結

[ 2010/12/25 ]


2010年12月21日、三菱レイヨン株式会社は、中国北京碧水源科技股■(人偏に「分」)有限公司(オリジン社)との間で下排水処理膜製造・販売の合弁会社設立で覚書締結を締結したことを同社サイトにて発表した。この合弁会社設立により、急成長を続ける中国水ビジネス市場における下排水処理市場の分野で大きく展開することとなる。

オリジン社は、中国北京に本社を持つ環境エンジニアリング、水処理膜製造・販売事業などの水ビジネスを行っている企業であり、2009年の売上高が39億500万円。資本金2520億円となっている。また、同社は中国の下排水処理市場における膜分離活性汚泥法という処理法の案件受注力において圧倒的な地位を占めている。三菱レイヨンは、、膜分離活性汚泥法について、国内有数の特許力を持つ企業である。(参考:パテント・リザルト 膜分離活性汚泥法、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップはクボタ、続いて三菱レイヨン、東レ

今回の合弁会社設立に関しては、以前よりオリジン社に同社の膜分離活性汚泥法に使用する中空糸膜を供給しているという関係であったことも要因の一つとなっている。尚、同社が開発、販売している中空糸膜は「ステラポアーSADF(TM)」という製品であり、従来の同社製品に比較し約3倍の透水性を持ち、耐薬品性、強度、信頼性に優れているとされる。

この合弁会社設立により、三菱レイヨンは、中空糸膜を使用した膜分離活性汚泥法システムを中心にして、下排水処理事業を展開。中国水ビジネス市場における同分野のトップシュアを狙う。また、オリジン社は、膜の安定生産・供給能力の拡充を行えることとなり、中国水ビジネス市場における地位を更に確固たるものとする。尚、今回の合弁会社設立における出資比率は、三菱レイヨン51%、オリジン社49%となる予定。


関連する記事

アーカイブス

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR