三菱レイヨン 中国水ビジネス市場、下排水処理分野進出に向け、同国大手企業と合弁会社設立の覚書締結

[ 2010/12/25 ]


2010年12月21日、三菱レイヨン株式会社は、中国北京碧水源科技股■(人偏に「分」)有限公司(オリジン社)との間で下排水処理膜製造・販売の合弁会社設立で覚書締結を締結したことを同社サイトにて発表した。この合弁会社設立により、急成長を続ける中国水ビジネス市場における下排水処理市場の分野で大きく展開することとなる。

オリジン社は、中国北京に本社を持つ環境エンジニアリング、水処理膜製造・販売事業などの水ビジネスを行っている企業であり、2009年の売上高が39億500万円。資本金2520億円となっている。また、同社は中国の下排水処理市場における膜分離活性汚泥法という処理法の案件受注力において圧倒的な地位を占めている。三菱レイヨンは、、膜分離活性汚泥法について、国内有数の特許力を持つ企業である。(参考:パテント・リザルト 膜分離活性汚泥法、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップはクボタ、続いて三菱レイヨン、東レ

今回の合弁会社設立に関しては、以前よりオリジン社に同社の膜分離活性汚泥法に使用する中空糸膜を供給しているという関係であったことも要因の一つとなっている。尚、同社が開発、販売している中空糸膜は「ステラポアーSADF(TM)」という製品であり、従来の同社製品に比較し約3倍の透水性を持ち、耐薬品性、強度、信頼性に優れているとされる。

この合弁会社設立により、三菱レイヨンは、中空糸膜を使用した膜分離活性汚泥法システムを中心にして、下排水処理事業を展開。中国水ビジネス市場における同分野のトップシュアを狙う。また、オリジン社は、膜の安定生産・供給能力の拡充を行えることとなり、中国水ビジネス市場における地位を更に確固たるものとする。尚、今回の合弁会社設立における出資比率は、三菱レイヨン51%、オリジン社49%となる予定。


関連する記事

アーカイブス

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR