三菱レイヨン 中国水ビジネス市場、下排水処理分野進出に向け、同国大手企業と合弁会社設立の覚書締結

[ 2010/12/25 ]


2010年12月21日、三菱レイヨン株式会社は、中国北京碧水源科技股■(人偏に「分」)有限公司(オリジン社)との間で下排水処理膜製造・販売の合弁会社設立で覚書締結を締結したことを同社サイトにて発表した。この合弁会社設立により、急成長を続ける中国水ビジネス市場における下排水処理市場の分野で大きく展開することとなる。

オリジン社は、中国北京に本社を持つ環境エンジニアリング、水処理膜製造・販売事業などの水ビジネスを行っている企業であり、2009年の売上高が39億500万円。資本金2520億円となっている。また、同社は中国の下排水処理市場における膜分離活性汚泥法という処理法の案件受注力において圧倒的な地位を占めている。三菱レイヨンは、、膜分離活性汚泥法について、国内有数の特許力を持つ企業である。(参考:パテント・リザルト 膜分離活性汚泥法、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップはクボタ、続いて三菱レイヨン、東レ

今回の合弁会社設立に関しては、以前よりオリジン社に同社の膜分離活性汚泥法に使用する中空糸膜を供給しているという関係であったことも要因の一つとなっている。尚、同社が開発、販売している中空糸膜は「ステラポアーSADF(TM)」という製品であり、従来の同社製品に比較し約3倍の透水性を持ち、耐薬品性、強度、信頼性に優れているとされる。

この合弁会社設立により、三菱レイヨンは、中空糸膜を使用した膜分離活性汚泥法システムを中心にして、下排水処理事業を展開。中国水ビジネス市場における同分野のトップシュアを狙う。また、オリジン社は、膜の安定生産・供給能力の拡充を行えることとなり、中国水ビジネス市場における地位を更に確固たるものとする。尚、今回の合弁会社設立における出資比率は、三菱レイヨン51%、オリジン社49%となる予定。


関連する記事

アーカイブス

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR