滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

[ 2020/08/04 ]


滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念
(参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに)


image from 滋賀県公式HPより

滋賀県の琵琶湖で、「琵琶湖の深呼吸」と呼ばれる酸素が循環されない状態が2年連続で続くという異例の事態になっている。琵琶湖では、1~2月ごろに表層の水が冷えて低層の水と比重が同じくらいになり、酸素を多く含んだ水と貧酸素の水が混ざり合う。

1年分の酸素が湖底に供給される「全層循環」が理想だが、昨年は湖底の酸素濃度が上がらず、全循環が1979年の観測開始以降、初めて確認できなかった。水中の酸素が少なくなると、水中生物の生存が難しくなるほか、湖底の泥に含まれるリンなどが溶け出し、「アオコ」の大量発生が懸念される。滋賀県はアオコの発生状況を公式ホームページで随時更新。昨年の水中カメラによる調査では、ハゼ科の固有種イサザの死骸が発見されたほか、魚の餌になるヨコエビが全滅している場所もあったという。いますぐ琵琶湖の生物の生態に大きな影響を与えるものではないが、異例事態として対処が急がれる。

2020年は3月に調査が行われ、水深が下がるにつれ酸素濃度が下がり、水深90m付近では1L当たり8.5~9.3mgと低く、全循環完了の目安となる1L当たり10mgには届かなかった。近年続く暖冬で、表層の水温が十分に下がらなかったことが原因ではないかとされている。水が循環しづらくなっているのは琵琶湖だけではなく、世界的にも水環境の大きな問題となっている。


関連する記事

アーカイブス

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

(株)Gloture 自動で水やりしてくれるスマート水耕栽培プランターを販売へ

(株)Gloture スマート水耕栽培プランター「Botanium」販売 自社ECサイトで (参考:(株)竹中工務店ら ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR