三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

[ 2020/09/10 ]


三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能
(参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動)


image from PexelsによるPixabayからの画像”>Pixabay

三菱ケミカル株式会社は、包装資材メーカーの協力のもと海洋で分解するレジ袋を開発し、商品化すると発表した。レジ袋に三菱ケミカルが開発した、自然界の土の中に棲む微生物の力で、水と二酸化炭素に分解される生分解性プラスチック「ポリブチレンサクシネート(PBS)」を使用。同社によると、ポリブチレンサクシネートは植物由来の成分を用いて作られるもので、微生物が分解しやすい構造になっているという。完成したレジ袋は、海洋に流れ出てしまった場合でも、約1年ですべて分解される。

ポリブチレンサクシネートは、繊維との相溶性が高く、耐熱性も高いという特徴があり、ほか素材との複合材として使用することができるという。全世界的にプラスチック問題に対する懸念は高まっており、今後、ポリブチレンサクシネートを活用した製品作りに期待が高まる。

日本では2020年7月1日から、スーパーや小売店などで買い物の際に使用されるレジ袋の有料化がスタート。付加価値が高く、環境対策をアピールできるものとして、高級食料品店などからの需要が見込まれる。

三菱ケミカルは、タイに本社をおくPTT 社と折半出資して子会社PTT MCCバイオケム社を設立。同社の石油化学製品製造に関する技術や、国内外で保有している特許群をPTT MCCバイオケム社にライセンスしている。


関連する記事

アーカイブス

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR