(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

[ 2020/12/28 ]


(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発

(参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発)

image from 竹中工務店のウェブサイトより

株式会社竹中工務店株式会社竹中土木2020年10月15日、クロロエチレン類(VOC)に汚染された地盤に対する、新しい原位置浄化システム「温促バイオ」を開発したことを発表した。開発は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の戦略的省エネルギー技術革新プログラムの助成、横浜国立大学及び岡山大学との共同研究による。

温促バイオは地盤温度を約25~30℃に加温することで、微生物によるVOCの分解能力を高めるとともに、不均質な地盤へ加温浄化剤を均一に注入する制御機能を搭載している。加温浄化剤を均一に注入する制御機能は、蛍光トレーサーを用いることで、加温浄化剤の拡散状況を見て確認できるようになった。

新しい原位置浄化システム「温促バイオ」を導入することは、浄化期間が短縮できるだけでなく、重機を使用する掘削除去が従来よりも少なくなることから、環境負荷の低減に寄与、土地利用をしながらの浄化が可能となるとしている。

これまでVOC汚染土壌・地下水の浄化は、浄化剤を注入して地盤中の微生物を活性化させて分解するバイオスティミュレーションが適用されてきたが、通常の約15~17℃の地盤では微生物の活性度は低く、土壌粒子に固着したVOCの分解を微生物が苦手とすることから浄化期間が長期化する傾向があった。「温促バイオ」では、浄化期間が従来の約50%以下に短縮することができるとされ、土壌・地下水汚染が原因で土地の有効活用や土地再生が進んでいない用地の早期有効化が期待される。


関連する記事

アーカイブス

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR